バナー

獣医臨床病理学研究室へようこそ

 獣医臨床病理学研究室は、東大の獣医学専攻に4つある臨床系研究室の1つです。日々の診療で直面する動物の病気をテーマに、なぜその病気になるのか(病態)、その病気をどうやって見出すか(診断)、その病気をどうやって治すか(治療)について研究しています。



近況 2019

07.11
 動物診断リサーチ株式会社 板橋由紀子さまからお中元が届きました。ありがとうございます。


07.08
 卒業生 酒居幸生 先輩からお中元が届きました。ありがとうございます。


07.06
 VET Talks と題した、大学院生の大学院生による大学院生のための研究発表会が開かれました。梶君と内田さんが発表し、活発に議論しました。




06.05-08
 ACVIM forum 2019がアリゾナ州フェニックスにて開催されました。中沢さん、内田さん、梶くんが口頭発表しました。終了後、獣医内科学研究室の先生方にお世話になって、ほんのちょっぴり観光しました。








06.03
 前田先生を主軸とする研究「膀胱癌に対する新しい免疫療法の開発 ~制御性T細胞の制御~」のプレスリリースが公開されました。

06.01-02
 日本獣医臨床病理学会2019年大会が東京大学にて開催されました。内田さん、中沢さん、卒業した酒居くんが口頭発表しました。なかでも内田萌菜さんは優秀発表賞を受賞しました。おめでとう!






06.01
 インターズー Clinic Note 167: 6月号 10-27pに高ナトリウム血症、低ナトリウム血症の話を寄稿しました。

05.11
 内田萌菜さんの論文が Tissue and Cells にオンラインパブリッシュされました。おめでとう!

05.01
 緑書房 月刊「CAP」2019年5月号にSeminar Report「獣医学領域における臨床検査の標準化・共用化」が掲載されました。

04.20-21
 大阪でポルフィリン・ALA学会が開催され、西君が発表しました。


04.10
 新入生歓迎会をしました。元気にがんばりましょう!




04.01
 インターズーより「犬と猫の検査・手技ガイド2019 私はこう読む」が発刊されました。
 インターズー Clinic Note 165: 4月号に尿道括約筋協調不全(ホルモン反応性尿失禁)の話を寄稿しました。

03.26
 農学部の卒業式があり、中沢さんが学士を授与されました。おめでとう。


03.25
 大学院の学位記授与式があり、酒居君が博士号を授与されました。おめでとう。


03.12
 酒居君と中沢さんの追い出しコンパをしました。お疲れ様! そして研究室員の皆さま、本当にありがとう。








03.04
 卒業生の村上康平博士が研究室に顔を出してくれました。


02.21
 集合写真撮りました。全員そろってなくてちょっと残念ですが、いい写真。


02.20
 小川ふきえさんの論文が J Vet Sci Med Diagn にオンラインパブリッシュされました。おめでとう!

02.18-19
 東アジア獣医学研究ジョイントシンポジウム第10回大会(The 10th Joint Symposium of Veterinary Research in East Asia)が岐阜大学で行われました。内田さんが発表し、Best Oral Presentation Award を受賞しました。おめでとう!


02.18
 酪農大 玉本先生との論文が J Vet Sci Med Diagn にオンラインパブリッシュされました。おめでとう!

02.16
  第15回日本獣医内科学アカデミー学術集会がパシフィコ横浜にて開催されました。酒居くん、梶くんが口頭発表し、それぞれ臨床研究アワード、研究アワードを受賞しました。おめでとう! この様子は文永堂の JVM news でも紹介されました。


02.14
 犬と猫の内分泌疾患ハンドブック 第二版 松木直章 著
が、学窓社から発売されました。


02.01
 インターズー Clinic Note 163: 2月号にPTH-rPと猫の特発性高カルシウム血症の話を寄稿しました。

01.28
 今日は旧正月だそうです。


01.25
 台湾から短期留学生がきました。廣瀬さんと実験しました。


01.21
 酒居幸生くんの学位審査が行われました。活発で建設的で、すばらしい質疑応答でしたね。審査会を経て、彼が一回り成長した気がします。


01.06
 酒居幸生くんの論文が Veterinary Pathology にオンラインパブリッシュされました。おめでとう!

過去の近況

2018年以前の近況は過去の「近況」