バナー

獣医臨床病理学研究室へようこそ

 獣医臨床病理学研究室は、東大の獣医学専攻に4つある臨床系研究室の1つです。日々の診療で直面する動物の病気をテーマに、なぜその病気になるのか(病態)、その病気をどうやって見出すか(診断)、その病気をどうやって治すか(治療)について研究しています。



近況 2019

03.25
 大学院の学位記授与式があり、酒居君が博士号を授与されました。おめでとう。


03.12
 酒居君と中沢さんの追い出しコンパをしました。お疲れ様! そして研究室員の皆さま、本当にありがとう。








03.04
 卒業生の村上康平博士が研究室に顔を出してくれました。


02.21
 集合写真撮りました。全員そろってなくてちょっと残念ですが、いい写真。


02.20
 小川ふきえさんの論文が J Vet Sci Med Diagn にオンラインパブリッシュされました。おめでとう!

02.18-19
 東アジア獣医学研究ジョイントシンポジウム第10回大会(The 10th Joint Symposium of Veterinary Research in East Asia)が岐阜大学で行われました。内田さんが発表し、Best Oral Presentation Award を受賞しました。おめでとう!


02.18
 酪農大 玉本先生との論文が J Vet Sci Med Diagn にオンラインパブリッシュされました。おめでとう!

02.16
  第15回日本獣医内科学アカデミー学術集会がパシフィコ横浜にて開催されました。酒居くん、梶くんが口頭発表し、それぞれ臨床研究アワード、研究アワードを受賞しました。おめでとう! この様子は文永堂の JVM news でも紹介されました。


02.14
 犬と猫の内分泌疾患ハンドブック 第二版 松木直章 著
が、学窓社から発売されました。


02.01
 インターズー Clinic Note 163: 2月号にPTH-rPと猫の特発性高カルシウム血症の話を寄稿しました。

01.28
 今日は旧正月だそうです。


01.25
 台湾から短期留学生がきました。廣瀬さんと実験しました。


01.21
 酒居幸生くんの学位審査が行われました。活発で建設的で、すばらしい質疑応答でしたね。審査会を経て、彼が一回り成長した気がします。


01.06
 酒居幸生くんの論文が Veterinary Pathology にオンラインパブリッシュされました。おめでとう!

過去の近況

2018年以前の近況は過去の「近況」