共同研究について(産学連携)

ポメキャッチ  当研究室では、動物の中枢神経疾患(てんかん、脳炎など)、代謝性疾患(糖尿病など)、遺伝性疾患(血液疾患、網膜疾患など)を中心に、病態解析やより よい治療を目標とした研究を行っています(おもな研究テーマはこちら)。

 当研究室のスタッフは、犬や猫などの伴侶動物、ウシなどの産業動物、マウスやラットなどの実験動物それぞれの扱いに習熟しており、各種の機器分析 や分子生物学的手法を手段として研究を進めています。

 これらの知識と技術を活用し、以下のような研究を望まれる企業・研究機関の皆様との共同研究や専門的助言が可能です。

  • 人体用の診断薬開発
  • 動物用の診断薬開発
  • 医薬品の前臨床試験
  • 動物薬の前臨床試験ならびに臨床試験
  • 動物用サプリメントの開発

 これらの共同研究を望まれる企業・研究機関の皆様は、各教員に直接ご連絡いただくか、あるいは以下のリンクから東京大学・産学連携本部を通してご 連絡ください。

 過去の主な実績は以下の通りです。