「動物の病気はなぜおこるのか?」「どうすれば治るのか」この疑問に日々向き合いながら追求するのが獣医内科学研究室です。東京大学附属動物医療センターでの診療を行いながら、現場で生まれる問題点を研究し、解決し、治療へと結びつけていくことにより研究室の活動が成り立っています。

2018.12.5
猫の急性リンパ芽球性白血病の臨床的特徴をまとめた論文が掲載されました。表紙の写真にも選ばれました!
2018.11.29
卒論提出日、製本機が大活躍しました。6年生のみなさん、お疲れ様でした!
2018.10.5
ホームページを更新しました。

東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医内科学教室
 113-8657
 東京都文京区弥生1-1-1
 生命科学総合研究棟B 202
 メール:utvim.mt*gmail.com(*を@に変えて送信してください)
 電話:03-5841-1604
 Facebookもあります!