logo nicco
Home Research Publication Staff Students 進学案内 行動治療 English
*問題行動の診療に関する情報は右上「行動治療」のボタンを押してください。

<研究室の目標>

 本研究室では「ソロモンの指環を手に入れよう!」という標語のもと、動物のこころを理解することを目指しています。そのために、動物たちの行動パターンを決定する2つの要因、すなわち「ケミカルコミュニケーション」と「気質に関する遺伝子」に着目し、総合的に研究を行っています。
 このような基礎研究を積み重ねることによって、動物行動の仕組みと意味をより深く理解することが、彼らのこころを理解することに繋がると考えています。そして、将来的にヒトと動物がより良い関係を築くことに貢献できることを願っています。


<研究の概要>

1.哺乳類におけるケミカルコミュニケーションに関する研究

 多くの哺乳類にとって嗅覚は非常に重要な感覚であり、嗅覚を介したケミカルコミュニケーションによって様々な情報を伝達しています。当研究室では反芻動物(シバヤギ)の“雄効果”フェロモン、げっ歯類(ラット)の“警報”フェロモンや“安寧”嗅覚シグナルを取り上げ、そのコミュニケーションの始まりから終わりまでを理解すること、すなわちフェロモンや嗅覚物質の産生・放出機構の解明、その責任分子や受容体の探索、そして受容された分子が引き起こす中枢作用メカニズムの理解、といった課題に取り組んでいます。詳しくはこちらから・・・


2.イヌの気質に関する行動遺伝学的研究

 イヌは私達ヒトとの関わりがもっとも深い動物であり、各犬種ごとに特徴ある気質(行動反応的な特徴のこと)がみられます。獣医動物行動学研究室では、イヌの気質に関わる遺伝子の探索研究を行っています。将来的には盲導犬など、特にその気質が重要視されるイヌの適性判断などにも役立てていきたいと思っています。 詳しくはこちらから・・・

本研究により、武内准教授が日本獣医学会賞を受賞しました。[受賞講演要旨]


3.伴侶動物における問題行動の治療法に関する研究

 イヌやネコなどの伴侶動物の中には、過剰に吠える、飼い主に噛みつく、お留守番ができない、などの問題行動を抱える個体がいます。獣医動物行動学研究室では東京大学動物医療センターにおいて、こうした問題行動の診療を実際に行いながら研究を進め、より効率的な行動治療法を開発していこうと考えています。詳しくはこちらから・・・


<問い合わせ先>

このホームページに関するご意見・ご要望は以下にご連絡下さい。

東京大学大学院農学生命科学研究科 応用動物科学専攻
獣医動物行動学研究室(7号館A棟603号室)

FAX 03-5841-8190
住所 東京都文京区弥生1-1-1
電子メール ve{at}vbm.jp
アドレスを入力する際、{at}を@に変更して下さい。
また迷惑メール対策のため、タイトルは必ず「獣医動物行動学研究室へ」として下さい。
それ以外のメールは削除される可能性があります。


Copyright (C) 東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医動物行動学研究室