logo nicco
Home Research Publication Staff Students 進学案内 行動治療 English
*問題行動の診療に関する情報は右上「行動治療」のボタンを押してください。
東京大学獣医動物行動学研究室の学生を紹介します。

<大学院生>

博士4年(獣医学)石井晶子<社会的緩衝作用が生じるメカニズムに関する研究>
博士2年(応用動物科学)小泉亮子<クマネズミの警戒性に関する研究>
博士1年(応用動物科学)小佐々大熙<盲導犬の気質に関わる遺伝的多型の網羅的探索>
博士1年(獣医学)山田良子<イヌの常同障害に関わる遺伝的多型の探索>
修士2年(応用動物科学)園田修平<雄牛フェロモンの受容に関する研究>
修士2年(応用動物科学)田邉郁也<警報フェロモンの受容に関する研究>
修士2年(応用動物科学)平戸裕希<イヌの攻撃性に関わる遺伝的多型の探索>
修士2年(応用動物科学)南 翔太<社会的緩衝作用の脳内メカニズムに関する研究>
修士2年(応用動物科学)李 雅頌<社会的緩衝作用が提供個体に与える影響>
修士1年(応用動物科学)向後大樹<ストレス下における社会的嗜好性に関する研究>
修士1年(応用動物科学)中川雄登<イヌの気質に関わる遺伝的多型の探索>

<学部学生>

学部6年(獣医学)川合主馬<社会的緩衝作用の強度に関する研究>
学部4年(獣医学)鈴木 暁<未定>
農学特定研究員三上香織<社会的緩衝作用と消去に関する研究>
学術支援員菊池亜都子ペット問題行動クリニックBLISS 院長>

Copyright (C) 東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医動物行動学研究室