本文へスキップ

東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医病理学研究室

DIAGNOSTIC診断(病理検査)

 当研究室では、獣医師から依頼される病理診断を行っています。病理解剖を中心として、組織検査および細胞診などの病理検査を実施しています。また、当研究室の専門分野である神経疾患および筋疾患につきましては、積極的に特殊病理検査を実施しています。家畜を主な対象としていますが、エキゾチック動物や鳥類、展示動物など様々な動物種の病理検査を引き受けています。

 検査を希望される場合は、メールまたは電話にて連絡ください獣医師からの依頼に限らせて頂きます
獣医師および獣医病理学者の教育と研究を目的としていますことをご理解ください。

病理解剖 Necropsy

活動報告写真

 動物の死因と病気の原因を解明することが獣医師の主な役割です。当研究室では、積極的に病理解剖の依頼を受けており、個体の死因を明らかにするとともに、病気のメカニズムの解明に役立てています。
 しかしながら、近年は病理解剖の依頼が減少しており、学生の実習に病理解剖を行うことが難しい現状です。獣医師の育成と獣医療の向上のために協力お願いします。

写真:イヌの大脳。


組織検査および細胞診検査 Histopathology and Cytology

活動報告写真

 外科手術、内視鏡、針生検などで採取された組織の病理診断を行っています。また、犬や猫などのペットでは細胞診が広く取り入れられおり、臨床現場における簡易的な診断に役立てられています。
写真:イヌの小腸、内視鏡生検。


神経疾患と筋疾患の特殊病理検査 Neuropathological examination

活動報告写真

 当研究室では、特に動物の神経筋疾患に関する病理検査を積極的に受け入れて実施しています。症例の臨床事項等により診断上必要な検査項目(血清や脳脊髄液検査)や材料の処理の方法等(冷凍保存、固定方法)は様々ですので、検査依頼に際しましては、事前に連絡頂きます様お願いします。また、臨床事項、神経学的検査所見、画像所見などを添付ください。肉眼写真撮影や検査部位特定のため非常に重要です。
写真:イヌの筋組織。


【神経筋組織のサンプリングについて】
・ホルマリン固定組織を送付の際は、固定中に脳組織が変形しないように、十分な大きさの容器(脳組織の10倍用量が望ましい)で固定してください。脳につきましては、十分固定された後に割面を作成する方が、良好な肉眼観察が実施できます。
・筋および末梢神経の生検材料につきましては、採取組織をアイス棒や厚紙などに貼り付け、両端をピンや注射針などで固定し、テンションを加え固定してください。筋生検が望ましいですが、Tru-cutで採取した場合は、テンションを加えるとちぎれてしまうため、厚紙に貼り付け部位別にチューブなどに入れて固定してください。
・遺伝性の疾患等が強く疑われる場合には、研究材料として遺伝子配列の解析を行う予定ですので、可能であれば組織の一部をホルマリン固定せず、凍結保存しておいてください。
・筋ジストロフィー等の疾患が疑われる場合には、凍結標本による、抗ジストロフィン、メロシン等の免疫染色が必要になります。このような疾患からの生検を実施される際は必ず、未固定凍結材料を保管ください。
・炎症性神経疾患の際は、可能であれば脳脊髄液を0.1ml以上採取の上、冷蔵にて送付下さい。筋疾患の際は血清にて蛍光抗体法により、抗筋抗体の検査を実施します。自己抗体検査については、ルーチンで実施していないため、結果報告に時間を要する場合がありますので、ご了承ください。。

問い合わせ Contact 

病理検査依頼に関するお問い合わせにつきましては、下記にご連絡ください。
 電話:03-5841-5410  メール:auchidak@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp (内田 和幸宛)
 電話:03-5841-5401  メール:achamber@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp (チェンバーズ ジェームズ宛)

以下の依頼フォームをご利用ください。
 病理解剖依頼書(word版)
 病理解剖依頼書(PDF版)

 組織検査依頼書(word版)
 組織検査依頼書(PDF版)


東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医病理学研究室

〒113-8657
東京都文京区弥生1−1−1
東京大学大学院農学生命科学研究科
3号館 219号室

TEL 03-5841-5401