研究内容

「免疫学」は「感染症から免れる生体機能」を明らかにする学問として出発して、およそ200年が経ちました。現在、「免疫」は生体防御を担う機能にとどまらず、老化、妊娠、発がんなど様々生命現象に関与し、恒常性維持に深くかかわることが明らかとなっています。また、“免疫”自体が病気の原因となる、アレルギー、自己免疫疾患その他様々の免疫介在性疾患も知られています。最近では、免疫に係わる多様な分子の性状が明らかになり、分子免疫学が大きく発展しましたが、「免疫」の概念も広がり続けています。生物は、分子間、細胞間の多様な相互関係の絶妙なバランスのなかで生命を全うしています。まさに複雑系をひも解く生物学の縮図のような学問と言えます。

応用免疫学研究室では、原虫(原生動物)が起こす感染症(原虫病)について免疫学的アプローチから様々な研究を行っています。研究対象としている主な原虫病はリーシュマニア症とマラリアです。遺伝子、分子、細胞の解析にとどまらず、感染動物、患者さらにこれら原虫病の伝播が起きている現場(フィールド)も視野に入れて研究を行うことを基本姿勢としており、国際的共同研究も多く行っています。

  1. 原虫病における生体防御機構の解明
  2. 原虫病の診断、治療、予防技術の開発
  3. 原虫病の免疫病理学的研究
  4. 旧大陸における内臓型リーシュマニア症の病態疫学
  5. 顧みられない熱帯病対策~特にカラ・アザールの診断体制の確立とベクター対策研究

リーシュマニア症:リーシュマニア症は熱帯から温帯、さらに一部寒帯に至る広い地域に分布する重要な人獣共通感染症であり、吸血性のサシチョウバエが媒介する vector-borne diseaseである。世界で88カ国に浸淫しており3億5千万人が常時その感染の危機に曝されている。リーシュマニア症はその病型から皮膚型、皮膚粘膜型、内臓型(Kala Azar)に大別される。皮膚型リーシュマニア症は分布が広く、患者数が多いものの、自然治癒する場合も多く、単独で死に至ることはない。一方、内臓型リーシュマニア症は適切な治療が施されなければ致死的であり、年間50万人、主として小児が犠牲となっている。内臓型リーシュマニア症の患者の90%以上はインド、バングラデッシュ、ネパール、スーダン、およびブラジルに集中している。

マラリア:マラリアはマラリア原虫の感染によって引き起こされる感染症であり、ハマダラカ(Anopheles) 属の蚊によって媒介される。現在でも熱帯、亜熱帯地域に存在する100カ国以上に常在しており、世界人口の半数が常時マラリア感染の危険に直面している。年間推定患者数3~5億人、死亡者数は150~270万人と考えられている。これらの犠牲者の多くはアフリカのサハラ砂漠以南に住む5才以下の乳幼児である。マラリアが恐ろしい病気と認識されるのはその患者数、死亡者数の高さのためだけではない。マラリアに罹患した場合の不健康状態に由来する労働力の損失、賃金の損失など社会経済的損失の高さにもよる。マラリアは貧困な地域に発生する病気と考えられがちであるが、マラリアが貧困を生むと言う側面も見逃してはならない。