本文へスキップ

東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医病理学研究室

東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医病理学研究室

東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医病理学研究室へようこそ
Welcome to laboratory of veterinary pathology, the University of Tokyo
獣医病理学は動物の疾患について、病気の成り立ち(病理発生)を研究する学問です。
当研究室では、獣医病理学に関する研究、教育および動物の病理診断を行っています。
Veterinary pathology is a science of animal diseases. We are dedicated to research of this field, and education of future veterinary pathologists and veterinarians. We also provide comprehensive professional necropsy and biopsy diagnostic services for veterinary practioners.

お知らせtopics





組織検査依頼書フォームを更新しました
採取組織の固定に関する項目を加えました)New submission form

当研究室の論文が学術誌の表紙に選ばれました。

Cover picture on Journal of Toxicologic Pathology

新着情報news

2021/ 9/24
The 14th Asian Society of Conservation Medicine/ The 27th Japanese Society of Zoo Wildlife Medicne 2021 Joint Conferenceにて、学部6年の大谷さんがOral presentation awardを受賞しました。
2021/ 9/21
研究業績を更新しました。Publication
2021/ 9/21
2021年11月19日(金)に、第19回の症例検討会を行います(オンライン開催)。
Online slide conference will be held on November 19th, from 7PM (JST).
詳細はこちら
2021/ 4/1
第8回JCVP学会にて、博士課程4年の平林さん、学部5年の齋藤さんがポスター賞を受賞しました
・犬の組織球増殖性疾患細胞株の網羅的mRNA発現解析およびPalbociclibの細胞増殖抑制効果の検討:平林
・犬頭蓋内顆粒細胞腫瘍におけるオートファジー関連分子の発現および腫瘍分類に関する研究:斎藤
2020年 8月27日
ソンさんの論文がJournal of Comparative Pathology誌のEditor's choiceに選ばれました。
Son et al. May 2020. Journal of Comparative Pathology, Editor's choice.
2020年 6月30日
臨床現場における病理検査材料の取り扱い(固定法など)に関する解説をアップしました。
ご参照ください
2020年 6月29日
2020年7月22日(水)に予定されていた中山教授の最終講義は、延期となりました。新しい日時が決まりましたら、ホームページに掲載します。

東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医病理学研究室

〒113-8657
東京都文京区弥生1−1−1
東京大学大学院農学生命科学研究科
3号館 219号室

Address:
Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8657, Japan

TEL 03-5841-5401