logo nicco
Home Research Publication Staff Students 進学案内 行動治療 English
*問題行動の診療に関する情報は右上「行動治療」のボタンを押してください。


sa

kid

<問題行動とは>

 国際的な専門家会議によって、問題行動は「飼い主が容認することができない、あるいは動物自身に傷害を与えるような行動」や「飼い主が生活する上で好ましくない行動」などと定義づけられています。
 そして治療の対象となる問題行動とは、飼い主によって問題と認識されたときにはじめて「問題行動」となるのです。

<問題行動の治療>

 行動治療の基本方針は、飼い主に動物の行動特性を理解してもらう事によって、人と動物が幸せに暮らせるよう手助けをすることです。実際に問題行動を治療する際に、共通して用いられる行動治療の手法には、行動修正法、薬物療法、外科的療法があります。

行動修正法;
不適切な動物の行動を望ましい行動に変化させる手法で、動物の学習原理に基づいて考案されており、行動治療の中心となるものです。ほとんどの問題行動に対して有効な方法ですが、実際には飼い主が実施することになるため、その効果は飼い主の理解力と実践力に依存することとなります。

薬物療法;
薬剤やホルモン剤を使用して問題行動を緩解していく方法です。ただし現在のところ薬剤投与のみで問題行動が完全に解消することはないとされており、ほぼ全ての症例において薬物療法は、行動修正法を補助する形で利用されます。攻撃行動や常同障害、分離不安といった問題行動には、脳内におけるセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の異常が関与する場合もあると考えられているため、問題行動治療の際に、こうした神経伝達物質のはたらきを調整するような様々な向中枢薬が用いられています。

外科的療法;
雄の去勢術、雌の避妊術、犬歯切断術、声帯除去術、前肢爪抜去術、前肢腱切断術などを選択することもありますが、効果の安定性や動物福祉的な観点から、その適用には慎重な姿勢が必要とされます。





bark

cat

phobia

Copyright (C) 東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医動物行動学研究室