The University of Tokyo
Veterinary Surgery


東京大学 大学院農学生命科学研究科 獣医外科学研究室の活動は、研究活動と診療活動の2つから成ります。研究活動は、いずれも臨床系研究室の持ち味を生かし、臨床に密接に関連した研究テーマを取り扱っています。。詳細は研究内容をご覧ください。診療活動の詳細についてはこちらをご覧ください。

News & Topics


2020/5/8
大学院生募集中
獣医外科学研究室では、2021年度獣医学博士課程大学院生を募集しています。
新型コロナウィルス感染症対策に伴い、現在、研究室見学をお受けすることはできませんので、メールでの質問やWeb会議システムを使った研究室案内・面談を随時お受けしています。 獣医外科学研究室で取り組んでいる研究にご興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。 (出身大学やこれまでの研究経験は問いません。)
応募フォームはこちら
2019/3/29
受賞のお知らせ
大学院生の遠藤くんの博士課程の研究が高く評価され、研究科長賞を受賞しました。
2019/3/11
イベントのお知らせ
教授の還暦パーティをしました。

Our Research Team


A

麻酔班

  • オピオイドの鎮痛作用の犬猫における種差末梢神経ブロックを用いた周術期疼痛管理
  • Pharmacometricsにもとづく全静脈麻酔

詳細はこちら
R

再生班

  • 間葉系幹細胞を用いた再生医療
  • 生体内組織形成術を用いた再生医療

詳細はこちら
T

腫瘍班

  • 免疫,炎症,血管の腫瘍進展機構解明と治療応用
  • 腫瘍の転移機構の解明と治療応用
  • 基礎研究に基づくトランスレーショナル研究

詳細はこちら

主な発表論文


  • Comparison of Plasma Propofol Concentration for Apnea, Response to Mechanical Ventilation, and Airway Device Between Endotracheal Tube and Supraglottic Airway Device in Beagles. Iizuka T, Masui K, Kanazawa H, Nishimura R. J. Vet. Med. Sci. 80: 1420-1423, 2018.
  • Functional MRI-based Identification of Brain Regions Activated by Mechanical Noxious Stimulation and Modulatory Effect of Remifentanil in Cats. Nagakubo D, Hamamoto Y, Hasegawa D, Kamata M, Iizuka T, Muta K, Fujita N, Nakagawa T, Nishimura R. Res. Vet. Sci. 114: 444-449, 2017.
  • Effect of Fibroblast Growth Factor-2 and Serum on Canine Mesenchymal Stem Cell Chondrogenesis. Endo K, Fujita N, Nakagawa T, Nishimura R. Tissue. Eng. 25: 901-910, 2019
  • Isolation and Characterization of Multipotent Mesenchymal Stem Cells Adhering to Adipocytes in Canine Bone Marrow. Lin HY, Fujita N, Endo K, Morita M, Takeda T, Nakagawa T, Nishimura R. Stem. Cells. Dev. 26: 431-440, 2017.
  • Immunohistochemical evaluation of HER2 expression in canine thyroid carcinoma. Yoshimoto S, Kato D, Kamoto S, Yamamoto K, Tsuboi M, Shinada M, Ikeda N, Tanaka Y, Yoshitake R, Eto S, Saeki K, Chambers J, Kinoshita R, Uchida K, Nishimura R, Nakagawa T. Heliyon. 5: e02004, 2019.
  • Anti-tumor effects of the histone deacetylase inhibitor vorinostat on canine urothelial carcinoma cells. Eto S, Saeki K, Yoshitake R, Yoshimoto S, Shinada M, Ikeda N, Kamoto S, Tanaka Y, Kato D, Maeda S, Tsuboi M, Chambers J, Uchida K, Nishimura R, Nakagawa T. PLoS One. 14: e0218382, 2019.

Contact & Access


u.tokyo.vet.surgery[at]gmail.com
(※メールの際は[at]を@に変換してください)

〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 生命科学総合研究棟B 104号室

大学院生・学部生・研究員募集中 !!

獣医臨床に直結した課題・疑問を解決したい。新たな診断・治療法を開発したい。
そんな学部生や大学院生、研究員(学振PDなど)を随時募集しています。出身大学や研究経験は全く問いません。