English
Laboratory Research Member publication Link
 
2019.04.10
上野さんのJMORの論文が2018年度の日本卵子学会学術奨励賞を受賞しました。
 
 
  2019.04.01
大学院生(博士2名、修士3名)が研究室に入室しました。
 
 
 
2019.03.25-26
修士課程の池田さん、伊藤さん、井上さん、向後君が修士(農学)の、
4年生の江口君、丸山さんが学士の
学位を取得しました。
伊藤さんは研究科長賞を、江口君は学部長賞を授与されました。
写真はこちら
 
 
 
2019.0324
池田さんが専攻賞を授与され、応動フェスタで授賞式が行われました。
写真はこちら。
 
 
  2019.02.27

東京大学伊藤国際学術研究センターで2019/04/20に開催される
第19回東京大学生命科学シンポジウムで
伊藤さんが「マウス卵巣の雌性維持機構の解明」
菅家さんが「卵巣の線維芽細胞増殖因子(FGF)シグナルが卵巣機能に与える影響」
丸山さんが「マウス卵胞発達にエクソソームが果たす役割に関する研究」
を発表します。

 
 
 
2019.02.22
学部生2名が研究室に配属されました。
 
 
 
2018.10.31
研究員の松野雄太さんがベイラー医科大学のポスドクに転出しました。
 
 
 
2018.09.25-26
研究室旅行(伊豆河津)に行ってきました。写真はこちら
 
 
 
2018.09.16

信州大学上田キャンパスで開催される第111回日本繁殖生物学会の
日・韓・中交流シンポジウムで
藤井先生が「Practical application of engineered endonucleases to generation of genetically modified mice」
を発表しました。

 
 
  2018.07.10-13 米国ルイジアナ州ニューオリンズで開催された51st SSR Annual Meetingで
杉浦先生が「Appropriate regulation of Noggin expression in follicles is critical for female fertility in mice.」
池田さんが「Anti-CRISPR protein AcrUA4 enables off-switches for CRISPR/Cas9 in mouse zygote.」
伊藤さんが「A model for studying transdifferentiation of granulosa cells into Sertoli-like cells in mice.」
を発表しました。
池田さん、伊藤さんは2018 LEMTTFを授与されました。
 
 
 
2018.06.09
東京大学駒場キャンパスで開催された第18回東京大学生命科学シンポジウムで
伊藤さんが「マウス顆粒層細胞のセルトリ様細胞への性転換培養系」
池田さんが「CRISPR/Cas機能制御のための薬剤誘導型off-switchの開発」
菅家さんが「卵巣の線維芽細胞増殖因子(FGF)シグナル欠損がメス妊孕性に与える影響」
をポスター発表しました。
 
 
大学院生募集中
 
 
受験希望者の当研究室見学は随時受け付けています。こちらへ連絡してください。
 
 
   
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 農学部7号館A棟302号室
TEL: 03-5841-5195