本文へジャンプ
はじめて(初診)の方へ

 東京大学動物医療センターは大学と社会の大切な接点であり,獣医学領域における最新の研究成果を基に,犬・猫などの伴侶動物を中心に皆さんが飼育している動物の病気の診断および治療を行っています。一方、当病院は動物の診療を通じて病気の発現機構・診断・治療・予防などに関する教育と研究を行うことを目的に設置されているため,一般の動物病院とはその診療体制など異なっております。

 本院では診療をお受けになっているホームドクターから紹介を受けた動物について予約していただき診療する体制をとっております。これは動物にとってよりよい治療を行うためには,ホームドクターと大学病院が協力する必要があるためです。紹介のない場合には原則として診察をお断りしておりますのでどうかご了承ください。

 また,本院では教育の一貫として,教員の監督と指導の下に大学院生,研究生,学生を診療の場に参加させております。ときに飼い主の皆様にご不便をお掛けすることがあるかと思いますが,獣医師の育成と獣医学の発展のため,ご理解とご協力をお願い申し上げます。


*** 当院で診察を受ける場合以下の点にご注意ください ***
  1.動物は話すことができません。病状をしっかり把握されている方が来院ください。
  2.検査等で診察に時間がかかる場合があります。
    時間に十分余裕をもって来院してください。
  3.予約時間はあくまで目安時間となっております。
    病気の種類によっては診察の順番が変わる場合があり、また、診療の状況等により
    お待ちいただくこともございますのでご了承下さい。
  4.検査に影響をおよぼすことがありますので,特別の指示がある場合を除いては,
    来院日の朝食事は与えずに来院してください(飲水は構いません)。
  5.院内での飲食は(特に検査を待つ間は)、担当医の指示に従ってください

予約
 
  •  現在診療を受けている病院でご相談の上、動物病院の先生を通じてご予約ください。 
  •  予約状況によってはご希望の日に診察が受けられない場合があります。
  •  来院する際には紹介状、検査データ等をお持ちいただくようお願い致します。

初診外来表
*予約方法は「紹介される獣医師様へ」をご参照ください。
 基本的には午前中の受付となります(行動診療科を除く)
 行動診療科は午前・午後。詳しくはこちら
*休診日 土日・祝日・大学が定める日
  月  火  水  木  金  土  日 
内科        
外科 手術 手術      
眼科* 手術    
エキゾ   手術        
行動          
*眼科では設備の都合上、白内障手術は現在対応できません

診察

診察の流れ
① 2階受付にて初診カードおよび問診票の記入
② 診察室での問診、身体検査
③ 各種検査 (特に麻酔を必要とする検査は夕方までお預かりすることがあります)
④ 検査結果と治療方針の説明、相談 (入院、手術の説明)
⑤ 1階事務にて会計

 当院で診察を受ける場合以下の点にご注意ください。
  1.  動物は話すことができません。病状をしっかり把握されている方が来院ください
  2.  検査等で診察に時間がかかる場合があります。時間に十分余裕をもって来院してください。また病気の種類によっては診察の順番が変わる場合がありますのでご了承下さい。
  3.  検査に影響をおよぼすことがありますので,特別の指示がある場合を除いては,来院日の朝食事は与えずに来院してください(飲水は構いません
  4. 院内での飲食は(特に検査を待つ間は)、担当医の指示に従ってください。 
会計

 当動物医療センターでは、当日の診療費のお支払いに現金、もしくは下記のカードをお使い頂けます。(ただし、現金とカードの併用はできません)
 なお、2回払いとボーナス払いはご利用になれません。カードによっては分割払い等がご利用になれない場合がございます。ご利用回数と引き落とし日については、直接カード会社にお問い合わせ下さい。
 動物医療センター1階会計 平日9:00~17:00

デビットカードもご利用可能です。
(金融機関で発行されたキャッシュカードでお支払いいただけます。)


入院時の会計は退院時、もしくは10日毎のお支払となります。

 動物医療センター1階会計  平日 9:00 ~ 17:00

>>未収金回収業務委託について

ペット保険


 当センターは保険会社提携外のため、一旦飼い主様に全額負担して頂いております。ご加入の保険会社によっては診断書の作成が必要となり、この場合は「診断書作成料」を頂いております。

入院


 動物の病気の状態によって,あるいは検査のため,手術前後などに入院が必要となることがあります。この場合以下の点をご理解下さい。
  1.  お食事として、ご家庭で与えているものを数日分お持ちください
    お持ちいただかない場合は、体調に合わせた処方食を購入していただきます。
  2.  面会時間は土・日曜日を含めて原則として内科系・外科系ともに午後2:00~午後4:00としますが,具体的には担当医とご相談ください。
  3.  入院動物の状態についてのお問い合わせは,面会時にお願いいたします。電話でのお問い合わせはできるだけご遠慮ください。必要な場合は担当医から連絡することになりますが,詳しくはご相談ください。
  4.  当院は24時間体制の病院ではありません。入院している動物に対してはできる限りの看護をいたしますが,夜間の不慮の事態には対処できない場合があります。
  5.  退院は原則として,平日の午後4:30までにお願いいたします。
手術

 動物の病気の治療,あるいは検査のため手術が必要となることがあります。この場合以下の点にご注意ください。
  1.  手術日は火曜日としますが,原則として手術前に診察を受けていただき,手術予定日,予算などを担当医と相談し,予約をしていただきます。
  2.  手術当日の朝は食事を与えずにお連れください。(前日夜は早めに軽い食餌を与えてください)。飲水に関しては制限の必要はありません。病気によっては,絶食時間や事前の処置が変わる場合もありますので担当医にお尋ねください。
  3.  火曜日の手術状況に関する電話連絡は,担当医が手術中の場合には,直接お話できないこともありますのでご了承ください。

[ お願い ]
 当院では最善の診断・治療を行うべく努力しておりますが、病気の状態によっては治療中あるいは入院中に死亡してしまうこともあります。その際、場合によっては担当医が剖検(献体)をお願いすることがあります。家族の一員としてともに暮らした動物を失った悲しみは十分承知した上での無理なお願いではありますが、同じ病気で苦しむほかの動物たちの診断・治療を発展させるためにもどうかご理解とご協力をお願いいたします。