本文へジャンプ
麻酔・集中治療部

 各科から依頼される手術や検査の麻酔、術後鎮痛および集中治療を行っています。
 麻酔はバランス麻酔の考え方を徹底し、麻酔薬による循環抑制を最小限に抑えて安全性を高めつつ、様々な鎮痛法により中枢神経系への侵害刺激伝達を最小限に抑えて患者への総合的な負担が軽くなるように配慮しています。
 また、周術期の疼痛管理を重視し、オピオイドの全身投与や非ステロイド系抗炎症薬の投与だけでなく、局所麻酔薬を用いた神経ブロックを多用し、鎮痛の質の改善および患者の負担を軽減することに努めています。


[ スタッフ・ドクター:教員 ]
 鎌田 正利、飯塚 智也