本文へジャンプ
エキゾチック動物診療科

 エキゾチック動物診療科では、犬猫以外の飼育動物(ウサギやフェレットなどの小型哺乳類、鳥類、爬虫類など)を診療対象としています。エキゾチック動物の手術や手術ができない腫瘍症例への放射線療法、ウサギの斜頸などに対するCTやMRI検査など、それぞれの動物種に応じた注意点を考慮し必要に応じて各科と連携を取りながら様々な動物に対する高度医療を提供しています。

[ スタッフ・ドクター:教員 ]
 三輪 恭嗣


シマリスの脳腫瘍が疑われた症例
 
高所から落下したカメ
 
帝王切開で生まれた日本猿の赤ちゃん
 
フクロモモンガの白内障
 
前歯の伸びたウサギ