本文へジャンプ
病理診断部
 病理診断部は2013年6月に新たに設立された部局です。


 日常業務として細胞診業務を、手術の際には迅速病理診断業務を行っています。また獣医病理学研究室と密接に連携し、病理組織生検の際の依頼→標本作製→報告の作業の円滑化をはかっています。不定期にCPC (Clinico-pathological conference:臨床検討会)を開催し、日々の症例について臨床医と病理医の双方の立場からディスカッションを行い、さらなる診断精度の向上を目指しています。

[ スタッフ・ドクター: 教員 ]
 坪井 誠也、チェンバーズ ジェームズ、内田 和幸、中山 裕之

【リンク】東京大学獣医病理学研究室:
http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/

イヌの口腔内悪性黒色腫

ネコの消化管原発LGLリンパ腫
  
凍結標本による術中迅速診断:ネコの好酸球性硬化性線維症
(Feline eosinophilic sclerosing fibroplasia)