本文へジャンプ

 センター長挨拶
 東京大学動物医療センターの玄関前に立派なカイゼル髭の胸像があります。1880年(明治13年)にドイツから渡日し、東京大学農学部の前身、駒場農学校で獣医学を教えたヨハネス・ルードビッヒ・ヤンソン(Johannes Ludwig Janson)の像です。動物医療センターの前身である駒場農学校動物病院は1881年11月に開設され、ヤンソン先生の指導のもと獣医臨床教育の場として活動を開始しました。ヤンソン先生は試験の際に英語で出題し英語で回答させるなど、国際化を視野に入れた教育を始めたのです。以来135年にわたって動物医療センターは常に我が国の獣医臨床と獣医学教育の先端を担ってきました。私たちは長い伝統のある東京大学動物医療センターで働くことを誇りとし、充実した臨床、教育および研究を推進することにより、国内ばかりでなく世界をも見据えた獣医臨床と教育のリーダーをめざしたいと考えています。

 東京大学動物医療センターの使命は、1)的確な診療内容と十分なコミュニケーションによる飼い主様に満足していただける獣医療の提供、2)臨床獣医学に関する最新の知見を常に取り入れ診療水準および治療の向上に役立つ研究の推進、3)優れた技能と豊かな人間性を兼ね備えた次世代を担う獣医師の育成です。加えて4)本センターで働く教員、研修医および各種職員が誇りを持って働ける明るい職場づくりをめざしています。

 ヤンソン先生は22年もの長きにわたり我が国の獣医学教育に身を捧げ、多くの後進を育てました。現在は奥様の出身地である鹿児島で永遠の眠りについています。動物医療センター入り口のヤンソン像を目にするたび、かつてヤンソン先生がめざした世界に通用する獣医臨床、獣医学教育に思いを巡らし、上述した動物医療センターの使命について暗誦しています。東京大学動物医療センターの使命と活動についてご理解くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。


センター長  中山 裕之



 

東京大学附属動物医療センター
      2016年度・年報(pdf)
      2015年度・年報(pdf)
      2014年度・年報(pdf)
      2013年度・年報(pdf)


東京大学大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター

 〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
 電話(代表)03-5841-5420
 
 *なお予約受付時間は平日11:00~17:00
 *当院で診察をしていない動物に関して,お電話での医療相談はできかねますのでご了承ください。
 *休診日 土日・祝日・大学が定める日