学会発表、セミナーなど
シンポジウムなどの主催はこちら

2015
国際研究集会



Eighth international Epigenomics & Metabolomics - 2015 Meeting(2015.8, Boston, USA)

Epigenetic regulation by nutrient-sensing factors in the degeneration of induced orexin neurons(Koji Hayakawa)


AsiaCORD/AHA 2015(2015.5.1-2, Kobe, Japan)

Environmental Epigenetics(Kunio Shiota)


Seminer in the reproduction series in Cornell University(2015.3.11, Ithaca, USA)

Epigenetic swithing by hexosamine biosynthesis pathway(Kunio Shiota)



国内研究集会



第108回日本繁殖生物学会大会(2015.9.17-20, 宮崎)

リンカーヒストンバリアントH1TはrDNA領域を標的とし、rRNAの発現を抑制する(谷瑠依子およびその他)


日本睡眠学会第40回定期学術集会シンポジウム21(2015.7.3, 栃木)

オレキシン産生細胞のエピジェネティックス(塩田邦郎)(原文ママ)




2014
国際研究集会



The 2014 ASCB/ISCB meeting(2014.12.6-10, Philadelphia, Pennsylvania)

Glucose causes neurodegeneration in induced orexin neurons(Koji Hayakawa et al.)

Linker histone variant H1T targets rDNA repeats(Ruiko Tani et al.)

O-linked N-acetylglucosamine transferase accumulates at Mgea5, β-N-acetylglucosaminidase gene loci in mouse trophoblast stem cell(Kenta Nishitani et al.)

The influence of glucose concentration on the pluripotency of mouse embryonic stem cells(Chikako Yoneda et al.)


World Congress of Reproductive Biology(2014.9.2-4, Edinburgh, Scotland)

Serum-free culture of mouse trophoblast stem cells(Shuai Sun et al.)

RNA binding protein Lin28a interacts with various mRNA in the mouse trophoblast stem cells(Yuji Sakamaki et al.)




国内研究集会



RIKEN BSI Seminar(2014.10, 和光)

Epigenetics by O-GlcNAc Modification in Neural Differentiation from Pluripotent Stem Cells(Koji Hayakawa et al.)


第87回 日本生化学会大会(2015.10.15-18, 京都)

単糖によるオレキシン神経誘導の多重エピジェネティック制御(早川晃司)

リンカーヒストンバリアントH1TはrDNA領域のクロマチン構造を凝集させる(谷瑠依子およびその他)


東京理科大学生命科学研究所セミナー(2014.10.9, 千葉)

代謝を感知するゲノム制御・GlycoEpigeneticの展開(塩田邦郎)


第八回日本エピジェネティクス研究会年会(2014.5.25-27, 東京)

栄養膜細胞におけるO-linked β-N-acetylglucosamine転移酵素(OGT)の性依存的発現制御機構(西谷健太およびその他)

卵子特異的リンカーヒストンH1fooによる卵子特異的エピゲノム形成(早川晃司およびその他)





2013
国際研究集会



EMBO Conference Series, Chromatin and Epigenetics(2013.5.8-12, EMBL Heidelberg, Germany)

Histone H1foo, an oocyte-specific linker histone member, decondenses chromatin at unique targets loci in mouse genome(Koji Hayakawa et al.)


Keystone Symposia
Nutrition Epigenetics and Human Disease(B5) (2013.2.19-24, Hilton Santa Fe Historic Plaza hotel, Santa Fe, New Mexico, USA)


Epigenetic switching by nutrition-sensing factor Ogt, Sirt1 and Mgea5 in generation of the orexin neurons from mouse ES cells and human iPS cells(Koji Hayakawa et al.)




国内研究集会



24th WPI VS Seminar(2013.12, つくば)

Epigenetic switching by nutrient-sensing factors in generation of orexin neurons from pluripotent stem cells(Koji Hayakawa)


第36回日本分子生物学会(2013.12.3-6, 兵庫)

卵子特異的リンカーヒストンH1fooのゲノム標的領域およびその特徴(早川晃司およびその他)


25年度優駿会(2013,11 東京)

創薬と再生医療を目指した幹細胞からの神経細胞の再生(早川晃司)


環境エピゲノミクス研究会第9回定例会(2013.6, 東京)

多能性幹細胞からのオレキシン神経誘導における栄養感受性因子Sirt1, OgtおよびMgea5による多重エピジェネティック制御(早川晃司)


第7回日本エピジェネティクス研究会年会(2013.5.30-31, 奈良)

ポスト・エピジェネティクス時代のエピジェネティクス(塩田邦郎)

ES細胞からのオレキシン神経誘導における栄養感受性因子Sirt1, OgtおよびMgea5による多重エピジェネティック制御(早川晃司およびその他)


Introductory Meeting between Colorado State University and the University of Tokyo(2013.5.17, 東京大学)

Epigenetics and Epigenomics for Biomedical Sciences(Kunio Shiota)


第12回日本再生医療学会(2013.3.21-23, 横浜)

マウスES細胞及びヒトiPS細胞からのオレキシン神経分化誘導(早川晃司およびその他)




2012
国際研究集会



Symposium on Epigenetic Regulation of Fetal and Placental Development(2012.7.14, Queen's University, Kingston, Canada)

Epigenetics of Molecular Diversity and Placental Function(Kunio Shiota)


Keystone Symposia on Molecular and Celllar Biology.
The Life of a Stem Cell: From Birth to Death(2012.3.11-16, Olympic Valley, CA)


Epigenetics of Nodal gene expression in mouse ESCs(Daisuke Arai et al.)

H1foo plays a role of controlling of oocyte-specific genes through epigenetic systems(Koji Hayakawa et al.)

Selenoprotein H contributes to epigenetic status in ES cells(Yasuyuki Tabei et al.)




国内研究集会



第35回日本分子生物学会年会(2012.12.11-14, 福岡)

卵特異的リンカーヒストンH1fooはクロマチン脱凝縮を促すエピジェネティクス因子である(早川晃司およびその他)


第54回歯科基礎医学会サテライトシンポジウム「疾患発症へのエピジェネティクスの関与-基礎から口腔疾患の最前線-」(2012.9.14, 福島)

生命医科学におけるエピジェネティクスとエピゲノム(塩田邦郎)


第42回東京大学農学部公開セミナー(2012.6.16)

鳶が鷹を生む?エピジェネティクスによるDNAの紬(塩田邦郎)


エピジェネティクス療法研究会 第4回講演会(2012.6.15, 東京)

エピジェネティクスの守備範囲(塩田邦郎)


鶴見大学歯学部セミナー(2012.5.11)

エピジェネティクスによる遺伝子ファミリーの進化(塩田邦郎)





2011
国際研究集会



World Congress of Reproductive Biology(2011.10.9-12,Cairns, Australia)

Trophoblast-specific DNA methylation Occurs after the Segregation of Trophectoderm and Inner Cell Mass in Mouse Periimplantation Embryo(Momo Nakanishi)

Study on a BMP4-induced Transdifferentiation Process of Mouse Embryonic Stem Cells toward Trophoblast Cell Fate(Huyuki Adachi)



国内研究集会



文部科学省・科学研究費補助金・特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」第4回 公開シンポジウム(2011.11.17-18, 大阪)

マウス胚における栄養膜細胞特異的なDNAメチル化パターンの形成(田中智)


第104回日本繁殖生物学会国際シンポジウム(2011.9.15-17, 盛岡)

DNA methylation Profiling by Tissue-dependent and Differentially Methylated Regions (T-DMRs) in Pluripotent Stem Cells: Insights into Genome Organization(Shintaro Yagi)

卵特異的ヒストンH1fooはDNAメチル化プロフィール形成に関与する(早川晃司およびその他)

GSK3がマウスES細胞のヘテロクロマチン構造に与える影響(山下翠およびその他)

マウス初期胚における核O-GlcNAcシグナル(阿部由紀子およびその他)


International Meeting for Evolution of Reproductive Biology and Task of Frontiers: Trajectory and Prospects of IVF, Stem Cell and Epigenetic Studies(2011.9.13-15, Morioka)

Difference in the DNA methylation status arises after segregation of trophoblast and embryonic cell lineages(Satoshi Tanaka et al.)

Trophoblast-specific DNA methylation occurs after the segregation of trophectoderm and inner cell mass in mouse periimplantation embryo(Momo Nakanishi et al.)


JST-食の安全センター 共済ワークショップ(2011.3.8, 東京大学)

Epigenomic profiling of mouse intestinal mucosa(Shintaro Yagi et al.)

2010
国際研究集会

43rd Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction(2010.7.30-8.3, Milwaukee)

Establishment of Cell Lineage-Specific DNA Methylation Profile Follows the Morphological Differentiation of Trophoblast and Embryonic Cell Lineages(Momo Nakanishi et al.)


The First SKLRB Symposia on Frontiers in Periimplantation Biology(2010.5.8-12, Beijing)

Normalcy of trophoblast stem cells derived from cloned mouse embryos(Satoshi Tanaka)


Biochemistry Sminar, University of Missouri (2010.1.8)

Genome-wide DNA Methylation Profiles in Mammalian Cells and Tissues(Kunio Shiota)



国内研究集会

動物医科学研究センター学術フロンティア事業「人畜共通感染症のサーベイランスと制御」シンポジウム (2010.2.9)

エピジェネティクス:健康と病気の新たなパラダイム(塩田邦郎)




2009
国際研究集会

Waseda - NUS Joint Symposium (2009.3.12)

DNA methylation profile for regenerative medicine and drug discovery(Kunio Shiota)


国内研究集会

第38回日本環境変異原学会 シンポジウム (2009.11.26-27)

エピジェネティクスー環境変異原研究の新しい展開(塩田邦郎)


第36回日本トキシコロジー学会 (2009.7.8, 盛岡)

胎児・胎盤評価系としてのエピジェネティクスとエピジェノム(塩田邦郎)


第56回日本実験動物学会総会 シンポジウム 「哺乳動物の発生と進化におけるエピジェネティクスの役割」 (2009.5.14-16)

タマゴとニワトリ、どちらが先か?エピジェネティクスからの回答(塩田邦郎)


第25回日本毒性病理学会教育講演 (2009.1.27-28)

エピジェネティクスからエピゲノムへ:毒性病理学への応用(塩田邦郎)


早稲田大学セミナー (2009.1.23)

エピジェネティクスからエピゲノムへ(塩田邦郎)



2008
国際研究集会

Decoding Epigenetic Code (2008.12.15-16)

An ATLAS of mouse epigenome: DNA methylation profile of tissue-dependent and differentially methylated regions in mouse (Shintaro Yagi)

Epigenome of human embryonic stem cells revealed by T-DMRs (Satoshi Tanaka)


The 14th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club (2008.12.5-6, Kyoto)

Epigenetics for Biomedical Sciences and Corneal Research (Kunio Shiota)


Joint Cold Spring Harbor Laboratory/Wellcome Trust Conference (2008.9.10-14)

An atras of mouse epigenome: DNA methylation profile of tissue-dependent and Differentially methylated regions in mouse promoter regions (Shintaro Yagi et al.)

(Poster)
DNA methylation profiling by D-REAM (Shinya Sato et al.)


Spetses Summer School Chromatin & Transcription (2008.9.3-8)

(Poster)
Sirt1 as a modifier of T-DMR formation (Jun Ohgane and Kunio Shiota)


ASPIRE & PRSF (2008.4.11-13, Singapore)

Epigenetics of Reproduction (Kunio Shiota)


国内研究集会

第146回日本獣医学会学術集会 (2008.9.24-26)

インスリン遺伝子のエピジェネティック・カスケード制御(伊藤修平およびその他)

マウスES細胞でのLin28の機能解析(姫野絵美およびその他)


第101回日本繁殖生物学会大会 (2008.9.18-20)

栄養膜幹細胞の分化に伴うDNAメチル化プロフィール形成(吉岡徹哉およびその他)

マウスプロラクチン遺伝子ファミリーのDNAメチル化解析(早川晃司およびその他)


日本抗加齢医学会 抗加齢医学の実際2008 (2008.9.14-15)

エピジェネティクスから考えるアンチエイジング(塩田邦郎)


第3回日本生殖再生医療学会 (2008.3.30)

生殖と生殖細胞のエピジェネティクス(塩田邦郎)


フィジカル・ファーマフォーラム2008 (2008.3.24)

生命科学の新たなパラダイム エピジェネティクスとエピジェノミクス(塩田邦郎)


特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」発足記念キックオフシンポジウム (2008.3.4-5)

DNA methylation profiles of ES cells and TS cells for epigenome-based abalysis of cell differentation in the preimplantation mouse embryo(田中智)


第3回日本生殖再生医療学会 (2008.2.29, 東京)

生殖と生殖細胞のエピジェネティクス(塩田邦郎)



2007
国際研究集会

The 14th World Congress on Gestational Trophoblastic Diseases・第15回日本胎盤学会・第25回日本絨毛性疾患研究会 (2007.11.11-14)

Epigenetics change during trophoblast differentiation (Satoshi Tanaka)


Biogreen 21 (2007.11.11-13, Dogo, Korea)

Epigenetics in the Animal Science Research (Kunio Shiota)


第14回白樺湖カンファレンス (14th Lake Shirakaba Conference "AURORA in REGENERATION II") (2007.10.29-30)

DNA methylation in trophoblast cells (Satoshi Tanaka)

Evidence for simultaneous expression of a natural Sense-Antisense transcript pair from the ROSA26 locus: Implication for interference with transgene expressions (Jun Ohgane)


13回国際胎盤学会 (The 13th International Federation of Placenta Associations Meeting) (2007.8.17-22, Kingstone, Canada)

Epigenetics in placental research (Kunio Shiota)


第4回ヒト生殖・生殖生物 カナダ-日本共同ワークショップ (4th Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction and Reproductive Biology) (2007.7.31-8.2, Aomori)

Epigenetics of Cellular Differentiation (Kunio Shiota)


Seminar EMBL (2007.5.26)

Formation of DNA methylation profile in the mouse (Kunio Shiota)


国内研究集会

特定領域研究「生殖細胞の発生プロセス・再プログラム化とエピジェネティクス」公開シンポジウム (2007.11.21-22)

生殖細胞分化過程における生殖細胞特異的低メチル化領域のメチル化パターンの確立(佐藤俊)


アフィメトリックス社主催 GeneChipフォーラム2007 (2007.11.1-2)

D-REAM (T-DMR profiling with Restriction-tag mediated Amplification)法による細胞・組織のDNAメチル化プロファイリング(八木慎太郎)


第100回日本繁殖生物学会大会 第100回記念シンポジウム (2007.10.20-22, 東京)

ES細胞のエピジェネティクス(服部奈緒子)


第48回日本組織細胞化学会 (2007.9.28, 山梨)

組織形成のエピジェネティクス(塩田邦郎)


第64回発生工学・疾患モデル研究会定例会 (2007.8.28, 東京)

新たな生命科学のパラダイム:エピジェネティクス(塩田邦郎)


第5回最先端動物遺伝育種セミナー (2007.8.4-6)

組織特異的なゲノムDNAメチル化プロファイル(田中智)


第25回日本ヒト細胞学会 (2007.8.3-4)

生殖細胞のエピジェネティクス(塩田邦郎)


第6回生殖バイオロジー東京シンポジウム (2007.7.15)

生殖細胞のエピジェネティクス(塩田邦郎)


第1回日本エピジェネティクス研究会年会 (2007.6.15-16, 大阪)

DNAメチル化プロフィール(塩田邦郎)

(ポスター)
Spesp1遺伝子座の生殖細胞特異的脱メチル化は生殖隆起内のPGCで生じる(佐藤俊およびその他)

Distinctive demethylating effect of 5-aza-2'-deoxycytidine on gene coding regions and non-coding repetitive elements in NIH/3T3 cells(Hui Wen Limおよびその他)

腸内フローラによる腸管粘膜のDNAメチル化状態への影響(岩本洋平およびその他)

ヒトES細胞のエピジェノム解析(服部奈緒子およびその他)



2006
国際研究集会

The American Society for Cell Biology 46th Annual Meeting (2006.12.9-13, San Diego)

DNA methylation regulates insulin gene expression (Tetsuya Yoshioka et al.)

(Poster)
Dppa3 expression is controlled by DNA methylation (Hiroki Muramoto et al.)

Difference in DNA methylation profile between neurogenic and gliogenic progenitor cells (Keiji Hirabayashi et al.)

Intestinal flora alters DNA methylation in intestinal mucosal cells (Yohei Iwamoto et al.)

Distinctive demethylation effect of 5-aza-2'-deoxycytidine on gene coding and non-coding repetitive elements in NIH/3T3 cells (Hui Wen Lin et al.)


16th Lake Shirakaba Conference (2006.12.6-7)

DNA methylation regulates Insulin gene expression (Jun Ohgane et al.)


52nd Annual Meeting, Canadian Fertility and Andrology Society (2006.11.15-18, Ottawa, Ontario)

Embryo epigenetics, cloning and regenerative medicine (Kunio Shiota)


第12回国際胎盤学会 (The 12th International Federation of Placenta Associations Meeting) ワークショップ 「Epigenetics and Genomics」(2006.9.6-9, Kobe)

Epegenetic gene regulation in trophoblast (Satoshi Tanaka et al.)


Chem-Bio Informatics Society (CBI) Annual Meeting (2006.7.24-26, Tokyo)

Applicatioin of epigenetics on development of drugs (Kunio Shiota)


DASCDOC Summer school of Stem Cells (2006.6.12-16, Funen, Denmark)

Genome-wide Epigenetics toward Regenerative Medicine (Kunio Shiota)


The 5th Biannual Meeting of Pacific Rim Society for Fertility and Sterility (2006.6.10-11, Seoul, Korea)

Epigenetics of reproduction and development (Kunio Shiota)


Asia Pacific Initiative on Reproductive Endocrinology 2006 (2006.3.31-4.2, Chansha, China)

Genome-wide epigenetics of stem, germ, and somatic cells for reproducto and development


国内研究集会

特定領域研究「生殖細胞の発生プロセス・再プログラム化」公開シンポジウム (2006.12.15-16)

DNAメチル化による生殖細胞特異的遺伝子発現制御(田中智、塩田邦郎)


日本薬物動態学会 第21回年会 (2006.11.29-12.1, 東京)

Epigenetics, a new paradigm of lifesciences(塩田邦郎)


東京大学生命科学研究ネットワーク シンポジウム (2006.11.25, 東京)

(ポスター)
ES細胞特異的遺伝子Oct-4とNanogのエピジェネティック制御(服部奈緒子)


第22回Wakoワークショップ (2006.11.24)

エピジェネティクスの時代(塩田邦郎)

胎盤のエピジェネティクス(田中智)


東京理科大学生命科学研究科10周年記念公開シンポジウム (2006.10.28)

エピジェネティクス:生命のシナリオと幹細胞およびクローン動物(塩田邦郎)


日本農学会シンポジウム「動物・微生物における遺伝子工学研究の現状と展望」 (2006.10.14, 東京)

エピジェネティクス、新たな動物遺伝子工学のパラダイム(塩田邦郎)



2005
国際研究集会

15th Lake Shirakaba Conference (2005.11.28-29)

Regulation of Nanog gene expression by DNA methylation and histone modification (Naoko Hattori et al.)


特定領域研究国際シンポジウム "Germ Cells, Epigenetics, Reprogramming and Embryonic Stem Cells" (2005.11.15-18, Kyoto)

Genome-wide epigenetics of stem, germ, and somatic cells (Kunio Shiota)


東大シンポジウム「Genome-Wide Epigenetics 2005」(2005.11.7-10, Tokyo)

Formation of cell/tissue specific DNA methylation profiles (Kohta Ikegami et al.)

DNA methylation in trophoblast (Satoshi Tanaka)


Workshop on "Mammalian Oogenesis and Epigenetic Modification" (2005.10.22-23)

DNA methylation profiles of germ cells (Kunio Shiota)


Gordon Research Conference (Epigenetics) (2005.8.7-12)

(Poster)
G9a, a histone H3 Lys 9/27 methyltransferase, directs DNA methylation at CpG-rich unique sequences (Kohta Ikegami et al.)


38th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction (2005.7.24-27)

A novel male germ-specific gene is regulated by DNA methylation (Masako Suzuki et al.)

Regulation of Nanog gene expression by DNA methylation and histone modification (Naoko Hattori et al.)

Epigenetic regulation of Dnmt3b gene in retinoic acid-induced defferentiation of ES cells (Satoshi Tanaka et al.)

(Poster)
DNA methylatioin profiles of donor cells and fetal tissues of bovine clones (Maksym Kremenskoy et al.)

Identification of genes with sperm-specific unmethylated regions (Shun Sato et al.)

Epigenetic study on teratoma formation (Yuliya Kremenska et al.)


Pre-SSR Symposium "International Symposium on Reproductive Sciences" (2005.7.22)

Genome-wide epigenetics in cellular differentiation and development in mammals (Kunio Shiota)


American Association for Cancer Research Workshop on the Human Epigenome (2005.6.15-18)

Genome-wide DNA methylation analysis: Tissue dependeently and differentially methylated regions (T-DMR) in the mouse genome (Kunio Shiota)


The International Ovarian Conference 2005 (2005.6.4)

Epigenetics, a new paradigm of reproductive medicine (Kunio Shiota)


国内研究集会

第28回日本分子生物学会 (2005.12.7-10, 福岡)

(ポスター)
Dimethylsulfoxide(DMSO)のマウス初期胚DNAメチル化への影響(新井良和およびその他)

ジメチルサルフォキシド(DMSO)はDnmt3a mRNA発現を上昇させ、DNAメチル化プロファイルを変化させる(岩谷美沙およびその他)

生殖細胞特異的な低メチル化領域を有する遺伝子の同定(佐藤俊およびその他)

栄養膜細胞の分化におけるDdah2遺伝子のエピジェネティック制御(冨川順子およびその他)

DNAメチル化およびヒストン修飾によるNanog遺伝子の発現制御(服部奈緒子およびその他)


第140回日本獣医学会学術集会 (2005.9.29-10.2, 鹿児島)

Mouse ES-derived teratoma contains cells with abnormal methylation patterns(Yuliya Kremenska およびその他)

Differently methylated regions in fetal and placental tissues of bovaine cloned fetuses(Maksym Kremenskoy およびその他)

マウスSir2α標的ゲノム領域の探索(河野力也およびその他)

Insulin遺伝子発現のDNAメチル化による制御について(佐藤晋也およびその他)

ES細胞におけるDNAメチル基転移酵素Dnmt3b遺伝子のエピジェネティック制御(田中智およびその他)

胚性幹細胞の分化多能性維持におけるNanog遺伝子のエピジェネティック制御(服部奈緒子およびその他)

ヒストンメチル化酵素Suv39およびG9a標的ゲノム部位のDNAメチル化を指標とした解析(服部中およびその他)

卵特異的ヒストンサブタイプH1foo遺伝子のエピジェネティクス制御(前田千晶およびその他)

G9aによるヒストン修飾とDNAメチル化を介するSDF-1の転写制御機構(吉岡徹哉およびその他)


酪農学園大学ハイテクリサーチセンター公開シンポジウム (2005.9.22)

マウスTS細胞の分化に伴う遺伝子発現のエピジェネティック制御(田中智)


第44回生化学若手の会夏の学校 (2005.8.19)

DNAエピジェネティックス研究の現状と展望(塩田邦郎)


第45回日本先天異常学会 (2005.7.14-16)

DNAメチル化を中心としたクローン動物のエピジェネティックス解析(塩田邦郎)


第32回日本トキシコロジー学会学術年会 (2005.6.30, 東京)

エピジェネティクス研究の基礎と毒性学への応用


大阪大学蛋白研究所セミナー (2005.6.27-28)

DNAメチル化プロファイルの形成と維持(池上浩太、塩田邦郎)


卵巣に関するカンファランス2005 (2005.6.4)

エピジェネティックス、生殖医療の新たなパラダイム(塩田邦郎)


第5回細胞核ダイナミクス研究会 (2005.5.18-5.20)

マウス幹細胞のエピジェネティクス(田中智、塩田邦郎)


鹿児島大学農学部獣医学科セミナー (2005.4.18-20)

DNAメチル化を中心としたゲノム・ワイド・エピジェネティックス(塩田邦郎)


東京都臨床医学総合研究所分子腫瘍学部門公開セミナー (2005.4.15, 東京)

DNAメチル化を中心としたゲノム・ワイド・エピジェネティックス(塩田邦郎)


第139回日本獣医学会学術集会ワークショップ (2005.3.30)

神経分化のエピジェネティクス(服部中)


日本畜産学会第104回大会シンポジウム (2005.3.28)

クローン動物由来の胎盤栄養膜幹細胞(小田真由美およびその他)


帯広畜産大学原虫病センターセミナー (2005.1.19, 帯広)

エピジェネティックス:寄生/寄生体関係を含む生命現象解明の新たなパラダイム(塩田邦郎)


第5回 環境医学研究所セミナー (2005.3.7)

DNAメチル化による哺乳類の発生プログラム(塩田邦郎)


理化学研究所筑波研究所バイオリソースセンター第45回BRCセミナー (2005.1.12)

DNAメチル化を中心としたゲノム・ワイド・エピジェネティックス(塩田邦郎)


国立遺伝学研究所 The 1030th Biological Symposium (2005.1.6)

DNAメチル化を中心としたゲノム・ワイド・エピジェネティックス(塩田邦郎)



2004
国際研究集会

International Symposium on Environmental Endocrine Disrupters 2004 (2004.12.15-17, Nagoya)

DNA methylation profiles for evaluation of epigenetic risk (Kunio Shiota)


Third Canada-Japan Bilateral Workshop on Human Reproduction and Reproductive Biology (2004.11.29-12.1, Ottawa, Canada)

Epigenetic Definition of Stem Cells (Kunio Shiota)

Identification of sperm-specific tissue-dependent differentially methylated regions (T-DMRs) (Shun Sato et al.)

Integrity of DNA methylation status associated with oxygen tension-sensitivity in mouse preimplantation embryos (Yoshikazu Arai et al.)


2004 International Symposium on Development of Germ Cells in Mammal (2004.10.27-31)

Gene expression in somatic derived trophoblast stem cell (ntTS cell) (Satoshi Tanaka et al.)


IX International Congress of Reproductive Immunology (2004.10.11-15, Hakone)

Epigenetic marks by DNA methylation specific to cell types (Kunio Shiota)


Satellite Symposium of the JSAR Annual Meeting 2004 "Current Status and Perspectives in Reproductive Biology and Biotechnology" (2004.9.19-20)

Gene expression in somatic derived trophoblast stem cell (ntTS cell) (Satoshi Tanaka)


13th Conference of the International Society of Differentiation (2004.9.5-9, Honolulu, Hawaii)

DNA methylation profiles of CpG islands for cellular-differentiation and development in mammals (Kunio Shiota)

(Poster)
DNA methylation profiles of donor nuclei cells and tissues of cloned bovine fetuses (Maksytm Kremenskoy et al.)

Peculiarity of ES cells differentiation after teratomas formation (Yuliya Kremenska et al.)

Gene expression and epigenetic profiles during trophoblast cell differentiation (Junko Tomikawa et al.)

Characterization of trophoblast stem cell lines established from cloned mouse embryos (Satoshi Tanaka et al.)


37th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction (2004.8.1-4)

Epigenetics of the H1foo gene, a mouse linker histone specific to oocytes (Chiaki Maeda et al.)

DNA methylation analysis of the promoter region of mouse telomerase reverse transcriptase (mTERT) gene in mouse stem cells and preimplantation embryos (Hai-Quan Yu et al.)

(Poster)
Stability of DNA methylation status coincides with blastocyst formation rate of mouse embryos cultured under different oxygen tension (Yoshikazu Arai et al.)

Aberrant gene expression in trophoblast stem (TS) cell lines established from mouse somatic cell nuclear-transferred embryos (Mayumi Oda et al.)


14th Lake Shirakaba Conference "International Symposium on Epigenetics and Regenerative Medicine" (2004.6.22-23)

Dynamic change in DNA methylation status of Dnmt1o gene during gametogenesis and preimplantation development (Satoshi Tanaka)

Preference of DNA methyltransferase for CpG islands in mouse embryonic stem cells (Naka Hattori)


8th Annual Meeting of American Society for Biochemistry and Molecular Biology (2004.6.12-16, Boston)

(Poster)
Preference of DNA methyltransferases for CpG islands (Naka Hattori and Kunio Shiota)

Null mutation of histone H3-K9 methyltransferase G9a links to genome-wide DNA methylation at gene coding regions in euchromatin (Kohta Ikegami et al.)

Dimethyl sulfoxide alters DNA methylation profiles in cultured ES cells (Misa Iwatani et al.)

DNA methylation profiles associated with differentiation of 3T3-L1 adiposyte (Hideki Sakamoto et al.)


McGill University, Reproductive and Developmental Biology Seminar (2004.5.6, Montreal, Canada)

DNA methylation profiles of CpG islands during cellular differentiation and development in mammals (Kunio Shiota)


University of Montreal, Conference (2004.5.5, Montreal, Canada)

DNA methylation profiles of CpG islands in cellular differentiation and development in mammals (Kunio Shiota)


Canadian Workshop on "Human Reproduction & Reproductive Biology" (2004.5.3-4, Ottawa, Canada)

Cell- and tissue-specific DNA methylation profiles in mammalian genome: Epigenetics of Embryo Development (Kunio Shiota)


Ottawa Health Research Institute, HGD Seminar Series (2004.3.18, Ottawa, Canada)

DNA methyltion profiles of CpG islands for cellular differentiation and development in mammals (Kunio Shiota)


Samuel Lunenfeld Research Institute of Mount Sinai Hospital, Seminar (2004.3.16, Toronto, Canada)

DNA methyltion pattern of CpG islands for cellular differentiation and development in mammals (Kunio Shiota)


PROBRAIN and CREST symposium, International Symposium on DNA Methylation and Histon Modification (2004.2.25)

Formation of cell- and tissue-specific DNA methyltion profiles of CpG islands in mammalian genome (Kunio Shiota)


The Joint International Meeting of The Japanese Society of Toxicologic Pathology and The International Federation of Societies of Toxicologic Pathology (2004.2.15-18, Kobe)

Formation of cell- and tissue-specific DNA methyltion profiles of CpG islands in mammalian genome (Kunio Shiota)




国内研究集会

第27回日本分子生物学会 (2004.12.8-11, 神戸)

DNAメチル化とヒストン修飾によるエピジェネティクス記憶の相互依存(服部中)


「東京大学の生命科学」シンポジウム (2004.12.4, 東京)

DNAメチル化を中心とした個体発生のエピジェネティックス(塩田邦郎)


特定領域研究「生殖細胞の発生プロセス・再プログラム化」公開シンポジウム (2004.11.16-17, 大阪)

発生・細胞・組織特異的ゲノム・ワイドDNAメチル化領域(山本宗史およびその他)


第138回日本獣医学会学術集会 (2004.9.10-12, 札幌)

フタル酸エステルによるゲノムワイドなDNAメチル化状態への影響(五島朋子およびその他)

幹細胞分化過程のエタノール曝露によるDNAメチル化状態の変化(渡利真也およびその他)


国立精神神経センターセミナー (2004.4.23)

DNAメチル化によるエピジェネティックス制御(塩田邦郎)


鹿児島大学農学部獣医学科セミナー (2004.4.20)

DNAメチル化によるエピジェネティックス制御系(塩田邦郎)


第74回 日本衛生学会ワークショップ (2004.3.24, 東京)

DNAメチル化による生殖・発生・分化のエピジェネティックス(塩田邦郎)


生研センター基礎研究推進事業 成果発表会 (2004.3.12, 東京)

DNAメチル化情報の解析による動物ゲノムの高度利用(塩田邦郎、田中智)


第1回先端的技術等に関する動向研究会 (2004.3.5, 東京)

ポストゲノム研究:動物(家畜)と植物(イネなど)のDNAメチル化研究(塩田邦郎、飯田滋)


特定領域研究公開シンポジウム 生殖細胞の発生プロセス・再プログラム化とエピジェネティックス (2004.2.13, 京都)

発生・細胞・組織特異的ゲノム・ワイドDNAメチル化領域(塩田邦郎およびその他)




2003
国際研究集会

International Congress on Embryo Biotechnology (2003.10.29-11.1, Seoul)

Epigenetics by DNA Methylation for Normal and Cloned Animal Development (Kunio Shiota)




国内研究集会



第11回 日本胎盤学会 (2003.11.20, 東京)

胎盤形成制御機構解明へのアプローチ:TS細胞の利用(田中智、塩田邦郎)


第2回 メチレーションと小児神経学研究会 (2003.4.20)

脳のDNAメチル化パターン形成とDNAメチル基転移酵素(Dnmt1)・メチル化シトシン結合タンパク質(MeCP2)複合体形成の意味(塩田邦郎)





2002
国際研究集会

ANNUAL MEETING OF AMERICAN SOCIETY FOR CELL BIOLOGY Cell at San Francisco,December 14-18, 2002


(Symposium: ES cell,13:00-17:00、December 11)
DNA methnylation code for ES cell (K. Shiota)
このシンポジウムで、DNAメチル化プロフィールのデータを解説し、ゲノム上には多数の細胞特異的メチル化領域が存在すること、DNAメチル化情報でES細胞を定義できること、細胞の異常と正常などを主に紹介します。


(Poster sesssion)
Epigenetc regulation of mouse Oct-4 expression by DNA methyaltion in the early stage embryo (N. Sato et al.)
初期胚やES細胞で特異的に発現し、細胞の分化全能性・他能性に関与しているOct-4は、DNAメチル化で制御されています。分化能を失った細胞ではDNAがメチル化され、発現が厳しく抑制されているのです。

Tissue-specific DNA methylation of GFP-transgene integrated into X-chromosome (S. Senda et al.)
X染色体にマーカー遺伝子を導入し組織特異的に発現するマウスを作成しました。組織特異とX染色体のエピジェネティック制御の研究に威力を発揮します。

Epigenetic regulation of DNA-methyltransferase1 by DNA methyaltion during preimplantation development (Y. Ko)
DNAメチル転移酵素は、DNAメチル化で制御されていることが明らかになりました。ここにもEgg&Chicken storyが隠されていました。

Epigenetic regualtion of Sry gene expression by DNA methylation (K.Nishino et at.)
性の分化に決定的な役割を果たすSry遺伝子は、やたらと発現すると困ったことになります。この遺伝子の制御にもDNAメチル化により厳格に制御されていることが明らかになりました。


International Symposium on Preservation of Native Animal Genetic Resources using Genetic Engineering Techniques (2002.10.23-10.27)

Epigenetics by DNA Methylation for Normal and Cloned Animal Development (Kunio Shiota)


13th Lake Shirakaba Conference International Symposium on Epigenetics in Reproduction (2002.6.24-6.27)

Epigenetic Code by DNA Methylation: DNA Methylation Pattern Specific to Stem, Germ and Somatic Cells (Kunio Shiota)


国内研究集会

第25回日本分子生物学会 (2002.12.11-14, 横浜)


(シンポジウム: DNAメチル化とクロマチン修飾による正常と病気のエピジェネティックス)
正常組織・細胞のDNAメチル化コード(塩田邦郎)
正常組織・細胞にはたくさんのメチル化されうる領域を持ったCpGアイランドが多数存在し、組織・細胞特異的なメチル化パターンを形成することで、同じ遺伝情報を有する細胞に多様性が生じうる基礎となっていることを紹介しています。


麻布大学発生・生殖工学セミナー (2002.2.23)

DNAメチル化によるエピジェネティクス:メチル化から見た幹細胞、生殖細胞、体細胞(塩田邦郎)


シンポジウムの主催など

2009


大阪大学蛋白質研究所セミナー 「疾患の基盤としてのエピジェネティクス」2009.6.28-6.29(大阪大学蛋白質研究所一階講堂)
世話人:塩田邦郎、田嶋正二

14名の国内研究者を演者に招き、エピジェネティックスの基礎から臨床的研究に及ぶ最新研究を紹介しました。




2008



国際シンポジウムDecoding Epigenetic Code2008.12.15-12.16 (東京大学農学部弥生講堂)
主催者:塩田邦郎

国内外約30名の演者を招き、植物からヒトまで、広い分野におけるエピジェネティクス研究の最先端の研究発表および情報交換を行いました。開催期間中のべ120名以上の研究者、大学院生による活発な議論が行われました。


第6回 NIBB-EMBL Joint Meeting 「Evolution of Epigenetic Regulation」2008.3.17-3.19(EMBL, Heidelberg, Germany)
主催者:塩田邦郎(上野直人、Juerg Mueller)

日本およびヨーロッパ各10名ほどの演者により、エピジェネティクス研究の最先端の研究発表が行われました。また、日本とヨーロッパの研究者間での情報交換を行いました。



2006


第22回 Wakoワークショップ 「新たな生命科学、エピジェネティックスの可能性」2006.11.24(東京・全電通ホール)
主催者:和光純薬/総合企画:塩田邦郎

10名の国内研究者を集め、エピジェネティックスの基礎から最新研究の内容までを、一般市民を対象に紹介しました。


The 12th International Federation of Placenta Associations Meeting workshop "Epigenetics and Genomics" 
第12回国際胎盤学会ワークショップ 2006.9.6-9.9(神戸国際会議場)
主催者:塩田邦郎

2名の外国人演者を含む4名の演者が、特に胎盤に焦点をあてて、その発生や機能に関わる遺伝子発現やそのエピジェネティック制御の研究を紹介し議論しました。



2005


東大シンポジウム「Genome-Wide Epigenetics 2005」2005.11.7-11.10(東京大学山上会館ホール)
主催者:塩田邦郎


国内外約30名の演者を招き、植物からヒトまで、広い分野におけるゲノム全域のエピジェネティクス研究の最先端が紹介されました。また、「ヒトエピゲノムプロジェクトに向けての宣言」が採択されました。


東京大学エピジェネティクス研究会シンポジウム 「さまざまな生物のエピジェネティクス」2005.2.23(東京大学農学部弥生講堂)
主催者:塩田邦郎(東京大学エピジェネティクス研究会)

1名の外国人演者を含む6名の演者を招き、植物、昆虫、哺乳類におけるエピジェネティクス研究の現状を紹介しました。



2004


第27回日本分子生物学会ワークショップ 「エピジェネティクス制御のヒエラルキー」2004.12.10(神戸)
主催者:塩田邦郎

4名の演者が、DNAメチル化とヒストン修飾の分子機構に関する最先端研究を紹介しました。


Homeに戻る