HOME > 専攻紹介 > 獣医学専攻 > 比較動物医科学講座> 感染制御学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ感染制御学研究室
Laboratory of Infection Control and Disease Prevention

【スタッフ】

准教授 芳賀 猛
特任助教 上間亜希子

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本ウイルス学会
  • 国際ウイルス分類委員会
  • 米国微生物学会

【主要な研究テーマ】

  • ガンウイルスを含む遅発性感染症の発症機序に関する研究
  • ワクチンを含む感染症コントロールのための研究
  • パピローマウイルスの性状解析
  • 病原体検出法の開発

  感染制御学研究室は2012年に新設された研究室です。獣医領域の感染症をどのように制御するか、多岐にわたる課題をカバーします。
  近年、動物の感染症に対する社会の意識は急激に高まりました。グローバリゼーションの流れの中、以前は遠くヨーロッパのできごとと思われたBSEが我が国でも発生し、口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザなど、国内には長い間なかった感染症が発生して大きな被害をもたらしました。21世紀、人類は環境・食糧・感染症という共通の課題を抱え、世界の人の健康・動物の健康・環境の保全は一つに繋がっているという”One World, One Health”の観点から、地球規模で課題の克服に挑むことが求められます。
  動物の中には、ペット、家畜、実験動物、野生動物、希少動物など、いろいろな区分があり、感染症対策も、どのような動物を相手にするかで変わってきます。病原体の検出、感染から発病に至る病態の解析、予防や病原体抑制のためのワクチンといった、感染制御に関わる科学的基礎となる研究を発展させ、現実社会へ科学的成果を還元するとともに、特にレギュラトリーサイエンスに繋がる研究に取り組みたいと考えています。地球上の多様な命と関わって生かされる人類という視点を忘れず、科学リテラシー向上に貢献するような研究を推進することを目指しています 。

【学生の声】

感染制御学研究室は創設されたばかりの研究室です。学生は現在一人しかいませんが、やがて多くの学生・院生が集い獣医学専攻を代表するような大所帯の研究室になると信じています(笑)。実験室には一通りの実験器具が揃っています。メンバーが少ないこともあり、自分の好きな時間に自分のペースで実験をすることが可能です。また研究課題も学生の興味に合った題材を用意してもらえるので、比較的自由に研究をすることができます。研究室を作り上げていくのも、まだまだこれからです。感染症に興味のある方、ベンチャー研究室に興味のある方は是非お越しください!