HOME > 専攻紹介 > 関連施設 > 牧場

専攻紹介

研究室のホームページへ高等動物教育研究センター・附属牧場
Animal Resource Science Center

【スタッフ】

牧場長 桑原 正貴(併任)
教授 今川 和彦
助教 李 俊佑
飯塚 祐彦
鈴木 一美
入江   猛
池田 正則
遠藤麻衣子
冨松  理
高橋 友継
小野山一郎

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本畜産学会
  • 日本繁殖生物学会
  • 日本解剖学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本草地学会

【主要な研究テーマ】

  • 実験用家畜の系統育成と供給
  • 家畜の卵胞・卵母細胞の選択的死滅を制御する分子機構の解明とその人為的制御技術の開発
  • 反芻家畜におけるアミノ酸による刷込効果による効率的育成法の開発
  • 好気性超高温発酵細菌叢による家畜糞尿の効率的堆肥化と有害微生物の除去法の開発
  • 狂牛病に罹らないプリオンノックアウト牛の利用に関する基盤的研究

附属牧場は昭和24年に獣医・畜産学の教育研究の場として設置されて以来、多くの家畜(ウマ、ヤギ、ウシ、ブタ)の系統育成を行いながらこれらを実験動物として各所に供給している。さらに実際に牛乳の生産やサラブレッドの生産を継続して獣医・畜産学分野のフィールド実習教育の場としての役割も果たしている。加えて下記のように動物生命フィールド科学を具体的な形で実証できる最先端の国際研究拠点となることを目標にして家畜を用いた基盤および応用研究を行っている。

  1. 食肉処理場で廃棄される雌家畜の卵巣に含まれる卵母細胞を救命して雌性遺伝子資源の有効利用を実現するため、卵胞・卵母細胞死滅の分子制御機構の解明を進め、人為的制御技術を創出している。得られた知見は生殖工学で利用される卵母細胞の品質保証技術の開発にも貢献している。
  2. 哺乳類では乳幼児期の栄養環境の改善(アミノ酸の適切な補給)によって成体サイズや様々な成長因子の分泌が変化する。反芻家畜(ウシ・ヤギ)におけるこのような遺伝子に依存しない刷込効果の機構解明と利用法開発を進めている。
  3. 毎年2,000万トン以上排泄される家畜糞尿の処理とこれを介する感染症の伝播は大きな社会問題であるので、好気性超高温発酵細菌叢を利用した糞尿の効率的堆肥化と有害微生物の除去法の開発を進めている。
  4. 我が国ではbovine songiform encephalopathy (BSE)は大きな社会問題であるので、これの病原であるプリオンをノックアウトしたウシの利用の可否を見極めるために生理学的・病理学的諸特性を明らかとする基盤的研究を進めている。