HOME > 専攻紹介 > 関連施設 > 食の安全研究センター

専攻紹介

研究室のホームページへ食の安全研究センター
Research Center for Food Safety

【スタッフ】

    センター長 関崎 勉
○ リスク評価科学部門 食品病原微生物研究室  教授 関崎 勉
  先端技術開発研究室 特任教授 日下部守昭
○ リスク制御科学部門 免疫制御研究室 准教授 八村敏志
○ 情報学・経済学部門      

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本細菌学会
  • 日本解剖学会
  • 日本癌学会
  • 日本神経科学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本ヒト細胞学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本食品免疫学会
  • 日本動物細胞工学会

【主要な研究テーマ】

  • 畜産物に媒介される病原細菌に関する研究
  • 化学物質の安全性評価法開発に関する研究
  • 食事による癌の浸潤・転移に影響する要因に関する研究
  • 食品アレルギーと腸管防御機構に関する研究

人々の豊かな食生活への志向に沿い、食材の探索のみならず食品の供給や流通に係る技術開発への取り組みが、世界中で広く行われるようになってきました。残念なことに、こうした豊かな食生活を保証するはずの科学技術の発展は、一方で、大規模食中毒の発生や、有害化学物質や病原体の登場を引き起こし、食の安全に対する脅威や不安を招いているところです。これに対して、食の安全確保に向けた国内外の取り組みも急速に進展し、それら取り組みを支えるべき科学技術に対しても、今や大きな期待と要望が寄せられています。

本研究センターにおいては、「食品を介して人に病気を起こす病原細菌について、病原因子、強毒株特異的マーカー、ゲノム構造、菌の生態の研究」や、「食品が含有する様々な化学物質についてリスクの定量的評価手法の開発研究」を推進するリスク評価科学部門、「腸管免疫系の応答機構や食品成分の免疫調節機能に関する研究を推進するリスク制御部門」ならびに「食に関する情報やリスク低減に伴う経済効果に関する研究」を推進する情報学・経済学部門において「食の安全」に貢献できる研究を推進しています。


図1:動物由来病原性レンサ球菌

図2:ヒト卵巣腫瘍のテネイシンーCの免疫染色

図3:乳がん細胞と線維芽細胞の共培養