HOME > 専攻紹介 > 関連施設 > 動物医療センター

専攻紹介

研究室のホームページへ動物医療センター
Veterinary Medical Center

【スタッフ】

センター長 辻本 元(併任)
副センター長 西村 亮平(併任)
 
【内科系診療科】
教授 辻本 元(兼)
教授 松木 直章(兼)
准教授 大野 耕一(兼)
助教
特任助教
特任助教 福島 建次郎
【外科系診療科】
教授 西村 亮平 (専)
准教授 望月 学 (兼)
特任助教 中川 貴之 (兼)
特任助教 藤田 淳
特任助教
特任助教
【眼科】
特任助教 都築 圭子
【エキゾチック動物診療科】
特別専門職員 三輪 恭嗣
【動物行動診療科】
准教授 武内ゆかり(兼)
特任助教 荒田 明香(兼)
【画像診断部】
特任助教 藤原 玲奈(非常勤)
【麻酔・集中治療部】
特任助教 鎌田 正利
【薬剤部】
特任助教 倉茂 晃子
 特任研究員 高橋 真由美
 特任研究員 室谷 理恵
【看護部】
 動物看護士 家崎 陽子
 動物看護士 樺沢 明子
 動物看護士 深沢 めぐ美
 

紹介

動物医療センター(旧家畜病院)は大学における獣医学教育に必須の組織として併設されており、年間を通して教育・研究に利用されています。伴侶動物を中心に年間のべ14,000頭が来院し、高度獣医療が実施されています。これらの症例はすべて開業獣医師から紹介され、社会に対して二次病院としての役割を担っています。また、大学を卒業した獣医師の臨床研修の場としても大きな役割を果たしており、ここで研修をした獣医師が各地で活躍しています。さらに、動物医療センターでは医学、薬学等と連携した研究も行われており、人の健康にも貢献しています。


動物医療センター

外科手術

内科治療