HOME > 専攻紹介 > 応用動物科学専攻(兼担)> 動物機能科学講座 > 獣医動物行動学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ獣医動物行動学研究室
Laboratory of Veterinary Ethology

【スタッフ】

教授
准教授 武内 ゆかり
助教 清川 泰志
特任助教 荒田 明香

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本神経科学会
  • 獣医動物行動研究会
  • Society for Neuroscience
  • American Veterinary Society of Animal Behavior
  • American Veterinary Medical Association
  • Society for Behavioral Neuroendocrinology
  • International Behavioral Neuroscience Society

【主要な研究テーマ】

  • 哺乳類におけるケミカルコミュニケーションに関する研究
  • イヌの気質に関する行動遺伝学的研究
  • 伴侶動物における問題行動の治療法に関する研究

1.哺乳類におけるケミカルコミュニケーションに関する研究

 多くの哺乳類にとって嗅覚は非常に重要な情報であり、彼らは豊かな匂いの世界に生きています。当研究室では、反芻動物(シバヤギ)の“雄効果”フェロモンやげっ歯類の“警報”フェロモン、“安寧”嗅覚シグナルなどを取り上げ、フェロモンや生理的に重要な嗅覚物質の同定とその産生機構の解明、受容体の探索と中枢作用機序の理解、といった課題に取り組んでいます。

2.イヌの気質に関する行動遺伝学的研究

 イヌは私達ヒトとの関わりがもっとも深い動物であり、犬種ごとに特徴ある気質(行動反応的な特徴のこと)がみられます。当研究室では、イヌの気質に関わる遺伝子の探索研究を行っています。将来的には盲導犬など、特にその気質が重要視されるイヌの適性判断などにも役立てていきたいと思っています。

3.伴侶動物における問題行動の治療法に関する研究

 イヌやネコなどの伴侶動物の中には、飼い主に噛みつく、お留守番ができない、などの問題行動を抱える個体がいます。当研究室では東京大学動物医療センターにおいて、こうした問題行動の診療を実際に行いながら研究を進め、より効率的な行動治療法を開発していこうと考えています。

【学生の声】

私たちの動物行動学研究室では、「動物がなぜそういう行動をするのか?」ということを、時にマクロな視点から、時にミクロな視点から追っていくことに日夜情熱をささげています。
研究室の雰囲気も、女性が多くて明るい感じです。最近では、誕生日にケーキでお祝いをしたりと、かつての「男くさい、酒飲みが多い動物行動」のイメージは失われつつあります。まぁ、それでも誰かしら研究室で週2回くらいは飲んでます。
先生方も、何かにつけ飲んではギターをかき鳴らし、「あれ、消しゴムなくしちゃったよ」くらいのノリで記憶をなくされる森教授。隣の学生部屋に大きな声を響かせ、みんなに元気をくれる武内准教授。学生と一緒にはしゃいでいる荒田助教と、研究生活にアクセントと彩りを与えてくれます。
動物行動学はわりと新しい学問ですので、創造性も必要ですし、動物の個体を相手にしているため、忍耐力もかなり必要ですが、うちの研究室ではやる気さえあれば、やりたいことをやらせてもらえます。やる気と根性のある学生さんは是非一度研究室をのぞいてみてください。(6年男子学生)