HOME > 専攻紹介 > 応用動物科学専攻(兼担)> 動物機能科学講座 > 細胞生化学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ細胞生化学研究室
Laboratory of Cellular Biochemistry

【スタッフ】

教授
准教授 田中 智
広澤 瑞子
特任助教 新井 大祐

【関連学会】

  • 日本繁殖生物学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • 発生生物学会
  • 日本獣医学会
  • 日本エピジェネティクス研究会
  • Society for the Study of Reproduction
  • The American Society for Cell Biology

【主要な研究テーマ】

哺乳類の発生基盤としてのゲノムDNAメチル化プロファイル

  • 胚発生の分子機構
  • 胎盤の発生と栄養膜細胞分化の分子機構
  • ゲノムDNAメチル化の制御機構
  • ゲノムDNAメチル化とクロマチン構造の関わり

哺乳類の発生過程では、遺伝子配列は変化することなく、特定の遺伝子の活性化と不活性化がおこり細胞に特異的な遺伝子発現セットが決定されます。DNAメチル化は遺伝子の不活性化・安定性およびクロマチン構造変化の制御に関与しています。私達はゲノム中に膨大な数の組織特異的メチル化領域(T-DMR)が存在することを発見しました。T-DMRのメチル化・非メチル化状況は細胞の種類に特異的で複雑なDNAメチル化のモザイク模様(DNAプロファイル)が形成されています。私たちの研究室では、DNAメチル化パターン形成の制御と役割について研究しています。


図:DNAメチル化プロファイルとクロマチン構造変化
様々な体細胞や生殖細胞は、それぞれのゲノムの活動を決定するエピジェネティック情報をゲノム上に持っています。それぞれの細胞のゲノム中には膨大な数の組織特異的メチル化領域(T-DMR)が存在します。細胞の分化は、DNAメチル化とクロマチン構造変化によるエピジェネチックス状態の相転移と考えられます。

【学生の声】

獣医生化は研究熱心で世界を相手に最先端を走り続ける研究室です。研究は最低1人1テーマあり、その内容も多彩。自分のやりたいことができるのも獣医生化の魅力の1つです。在籍する数多くのスタッフや先輩から声をかけてもらう機会も多く、実験の失敗など困っているときはいつでもアドバイスをいただけます。研究が進めば国内外の学会への参加など貴重な経験を積ませて頂けます。研究に疲れたときは毎週1〜5回行なわれる飲みでストレスを発散します。それ以外にも各季節のイベントに加え、スポーツ大会や旅行などのイベントもあり、ストレスフリーな研究生活を送ることも可能です。我がラボの教授は優秀すぎるが故に難解なダジャレと例え話が多く、理解するにはかなりの創造力が必要になります。話を聞きたい方は7号館A棟7階の研究室まで是非遊びにいらしてください。いつでもおいしい飲み物ご用意いたします。(学部5年生)