HOME > 専攻紹介 > 獣医学専攻 > 病態動物医科学講座 > 獣医臨床病理学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ獣医臨床病理学研究室
Laboratory of Veterinary Clinical Pathobiology

【スタッフ】

教授 松木 直章
准教授 米澤智洋
助教 前田真吾

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本獣医臨床病理学会
  • 日本小動物獣医学会
  • 日本生化学会
  • 日本膜学会
  • 家畜生化学会
  • International Society for Animal Clinical Biochemistry

【主要な研究テーマ】

  • 中枢神経系の炎症性疾患・退行性疾患の研究
  • 赤血球膜蛋白質の構造と機能に関する研究
  • バベシア症の病態生理と宿主免疫応答に関する研究
  • 動物の内分泌疾患の研究

 あなたの前には病気に苦しむ動物がいる。あなたはそれを救いたいが、原因不明の難病のようだ。どのような病気であるのかすらわからないし、治療法もわからない。ありきたりの対症療法を施すか、いっそのこと安楽死を選択するか。そもそも、この難病の動物と元気な動物はどこがどう違うのだろうか。どこがどう違うのかを知ることができれば、過去のデータから類似の病気を探して参照することができる。また、その違いが病気の原因なのか、結果なのかを探求することもできる。病気の原因がはっきりすれば素晴らしい。病気の結果だということがわかるだけでも、少なくとも原因を探しやすくなる。病気の原因がわかれば治療できる。適切な治療ができれば、病気の動物と元気な動物の違いはどんどん小さくなるはずである。

 獣医臨床病理学は、病気の動物と元気な動物はどこがどう違うかを見つけようとする学問である。病気の動物を診察して苦悩することが原点であり、化学分析、物理学的分析、蛋白質・遺伝子解析、試験管内モデル化などから適切な手段を選んで研究する。病気の原因を解明し、診断法を確立し、動物に治療を施し、病気が治ればひとつの研究が完成する。完成できれば至福の喜びを得るし、完成できぬまま無間の闇を彷徨うこともある。でも逃げるわけにはいかない。なぜなら病気の動物はあなたを待っているし、原因不明の難病もまた無限に存在するからである。


遺伝性バンド3欠損症の黒毛和牛。赤血球の主要な膜蛋白であるバンド3が欠損することで溶血性貧血や成長不良を呈し、肉牛生産のうえで大きな問題となっている。
 
犬胎仔の大脳から樹立した星状膠細胞(アストロサイト)。星状膠細胞はニューロンが正常に機能する環境を維持するなど、中枢神経系で大きな役割を担っている。

【学生の声】

 この研究室では、自主的に何がしたいかを考え行動することで受身にならない研究ができると思います。タイムスケジュールも自分で組む主体性。臨床にも、実験にも奮起したいと考えている人はぜひ。一風変わった先生と笑いあり涙ありの研究室生活を送れる研究室です(学部5年生)。