HOME > 専攻紹介 > 動獣医学専攻 > 比較動物医科学講座> 獣医微生物学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ獣医微生物学研究室
Laboratory of Veterinary Microbiology

【スタッフ】

准教授 堀本 泰介
特任助教 村上 晋
学術支援職員 加納 京子

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本ウイルス学会
  • 日本寄生虫学会

【主要な研究テーマ】

  • 動物ウイルスの潜伏、持続感染および発症機構の解明
  • 動物ウイルスおよび原虫感染に伴う宿主との相互作用の解析
  • 原虫の宿主細胞侵入機構の解明
  • 動物ウイルスの宿主特異性の解明
  • 遺伝子導入用動物ウイルスベクターの開発
  • 動物由来新興ウイルスの検索と性状解明

 動物にとって感染症は重要な問題であり、特に産業動物の感染症は経済問題に波及し、伴侶動物の病気は患畜に苦痛や飼い主に精神的影響を与えます。加えて、人獣共通感染症は社会的問題ともなります。微生物学とは多様な病原体そのものを良く知り、各種動物での感染・発症機構などを明らかにすることにより、感染症の診断、予防、治療、防遏などに貢献する学問分野です。

 現在、当研究室ではペスチウイルス、フラビウイルス、ブニヤウイルス、カリシウイルス、ヘルペスウイルスなどに加えて、マラリアやトキソプラズマに代表される原虫も研究の対象としています。それらの遺伝子解析、侵入・転写・翻訳・複製機構の解析、遺伝子導入用ベクター化、感染の成立に必要な宿主側因子の同定など、それぞれの病原体で現在重要な課題を追求しています。さらに、コーモリを含む各種動物を対象にして、新興感染症の予備軍と考えられる新規ウイルスのサーベイも試みています。

 これらの成果は感染症の防御に直接反映するだけでなく、生物に共通な遺伝子機能や免疫機構など基礎的研究の分野にも貢献しています。このようにウイルスや原虫を対象にして、その遺伝子レベルから動物感染症の免疫機構まで総合的に研究を行っており、広い視野での感染症と生体機能を考えていくことを目指しています。


上、赤血球に寄生するマラリア原虫

上、ルーセットオオコーモリ

ラボメンバー

【学生の声】

基本的にここの研究室の人は皆研究が好きです。自分の好きなペースでこつこつやっていける雰囲気があり、各自オンとオフのメリハリのついた研究生活を送っています。独立したテーマに沿ってやっている分、一人一人が誇りを持って実験に励んでいます。そして学生同士でディスカッションの場を設け、壁にぶち当たった時は皆で乗り越えていこうという雰囲気の下、協力しあっています。夜も自然に集まって飲みながら語り合うこともしばしば。そして何より色んな強い個性の人達が集まっています。ウイルス・原虫といった感染症との闘いに参戦したい方、是非どうぞ!