HOME > 専攻紹介 > 動獣医学専攻 > 比較動物医科学講座> 獣医生理学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ獣医生理学研究室
Laboratory of Veterinary Physiology

【スタッフ】

教授 西原 眞杉
准教授 山内 啓太郎
助教 松脇 貴志

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本畜産学会
  • 日本繁殖生物学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本生殖内分泌学会
  • 日本神経内分泌学会
  • Society for the Study of Reproduction
  • Endocrine Society
  • Society for Neuroscience

【主要な研究テーマ】

  • 成長と代謝の中枢制御機構に関する研究
  • ステロイドホルモンの中枢作用に関する研究
  • 成長と老化における体性幹細胞の分化制御に関する研究

獣医生理学は、動物体内で営まれる様々な生命現象とその調節機構を明らかにすることにより、それを基盤とした病態へのより深い理解や、新しい動物産業の発展を目指す学問です。

獣医生理学教室では、動物における個体および種の維持機構の解明という観点から、「成長と生殖の分子機構」をメインテーマに、神経生物学的あるいは細胞生物学的研究手法を取り入れた幅広い研究を展開しています。研究には私達自身で作出した遺伝子改変動物を多用するとともに、附属牧場に繁養されているシバヤギを用いた実証研究にも取り組んでいます。

【学生の声】