HOME > 専攻紹介 > 動獣医学専攻 > 比較動物医科学講座> 獣医解剖学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ獣医解剖学研究室
Laboratory of Veterinary Anatomy

【スタッフ】

教授 九郎丸 正道
准教授 金井 克晃
助教

【関連学会】

  • 日本獣医学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本繁殖生物学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本畜産学会

【主要な研究テーマ】

  • 哺乳動物の生殖機能に対する内分泌撹乱物質の影響の解析
  • 生殖細胞・生殖腺の発生、性分化および精子・卵子発生の分子機構の解明
  • 胎子発生過程におけるSRY関連因子SOXの機能解析

本講座は“ 形 ”の面白さ、“ 形 ”の中に秘められた謎に対して好奇の目を向け、“ 形態学 ”の視点から発生生物学の研究を行っている。1個の受精卵から様々な“ 形 ”の細胞が分化し、それらが集合して1個の動物体が完成する。また、長い歴史の過程で数多くの動物種が生み出される。本講座では、生殖細胞と生殖腺の発生・分化、内胚葉由来である腸・肝臓・膵臓の発生、心臓・血管形成に着目し、特殊性と普遍性を明らかにすることを目的とし、様々な角度で様々な研究を行っている。

本講座の特色は、1)種々の哺乳動物を肉眼レベルから電子顕微鏡レベルまで“ 形 ”を見ることから始まり、2)“ 形 ”の変化の中で、既知の分子、遺伝子産物の動態、3)“ 形 ”が教えてくれる未知なる分子の探索と単離、4)“ 形 ”作る過程での分子の役割について-肉眼解剖、組織から分子生物学、トランスジェニックマウス、ノックアウトマウス作出、キメラ解析などの様々な手法を用いて幅広く解析して行くところにある。

A. Y染色体上の精巣決定遺伝子Sryを導入したXX性転換マウス(左)と XY wildtype 雄マウス(右)。
Sry遺伝子を持つXXトランスジェニックマウスは、XY wildtypeマウスと比べ、精細胞の欠損のため睾丸は小さいが、雄個体へと発育する。

B. 左図: Sry関連遺伝子の一つSox17遺伝子のノックアウトマウス(10.0日胚)。
腸原基の欠損により、下半身の発育不良を呈し(矢印)、胎齢10.5日までに致死となった。

B. 右図: ROSA26マウス(全身にLacZ陽性;青色)の胚盤胞に、Sox17欠損ES(胚性幹)細胞を導入したキメラ胎子(9.5日胚)。 
Sox17遺伝子のみ欠失させたES細胞(LacZ陰性;白色の細胞)は、頭、心臓、皮膚、体幹などの様々な組織に発生するが、腸管組織にだけには分化できない。なぜなら、キメラ胎子の腸管だけが、ROSA26由来細胞(Sox17を正常に持つ青色の細胞)で構成されているため(矢尻)。 hd: 頭;ht: 心臓;ve: 胚体外組織。

【学生の声】

獣医解剖学教室では全ての生命現象を研究テーマとすることができ、自分の興味のもと実験を進めることができます。入室後は、研究者の卵として受け入れられ、また卒業までには一人前の研究者として立派に育てられます。マクロ解剖の好きの方にも、最高の研究室です。

以下に現在所属している学生の生の声です。