HOME > 専攻紹介 > 動獣医学専攻 > 比較動物医科学講座> 物育種繁殖学研究室

専攻紹介

研究室のホームページへ獣医繁殖育種学研究室
Laboratory of Animal Breeding

【スタッフ】

教授 前多敬一郎
准教授 松田二子
助教
技術職員 立川 君子

【関連学会】

  • 日本畜産学会
  • 日本獣医学会
  • 日本繁殖生物学会
  • 日本内分泌学会
  • Society for the Study of Reproduction
  • American Society for Biochemistry &
    Molecular Biology

【主要な研究テーマ】

  • 乳腺機能の医学・獣医学的応用に関する基礎研究
  • 着床・妊娠成立時における分子制御機構の解明

近年、爆発的な人口増加や気候変動などに加え、口蹄疫、BSE、鳥インフルエンザなどの伝染性病原体の発生により、様々な形で人々の食に対する不安が増している。世界的に限られた土地・資源の中で安定的に家畜の生産や畜産物の供給を行うためには、クローン技術や遺伝子改変技術を用いた家畜動物の作出と機能性遺伝子の有効利用に期待が寄せられる。現在のところ、倫理面や安全性の問題から賛否両論あり、本当に食の分野に浸透できるか否かは、今後の基礎研究の蓄積結果によるところが大きい。当動物育種繁殖学研究室では、主に有用家畜動物の作出に向けたターゲット遺伝子・タンパク質の探索・機能解析を行っており、また、得られた知見をヒトの医療分野への応用までも視野に入れた研究を行っている。

具体的な研究テーマは大きく分けて2つあり、「乳腺機能研究」と「着床現象解明研究」である。哺乳動物は哺乳類型爬虫類を土台にして恒温性と胎生を獲得することによって発展し、種の保存・生命維持には交配・妊娠・出産・育児を必要とする。「乳腺は育児」に、「着床は妊娠」にそれぞれ必須の機能・現象であることから、これらの基盤から応用研究を行うことにより、先の目的を果たす様々な知見が得られるものと考えられる。

以上のように「育種繁殖」の名前から、古典的なイメージを持たれるかもしれないが、動物を個体から細胞へ、また遺伝子・細胞から個体までと、様々な手法を駆使し世界に向けた研究を行っている。興味のある学生の方は、気軽にお越し下さい。

【学生の声】

この研究室をひとことであらわすなら、「自由」。
わずらわしいルーチンワークもなく、研究も、勉強も強制されることはない。やる気になれば学部生ながら論文を海外学術誌に発表できるのである。そして、そのためのバックアップはどこの研究室よりも強力だと感じている。
また、研究分野については今のところ、着床、泌乳と言う2つのテーマがメインとなっているが、卒業後に活躍しているOB、OGの研究分野はガン、再生医療etc多岐に渡る。
これは、いいかえれば、この研究室において、今後様々な研究をしていく上で必要となる基礎を学ぶことができるという意味だと思う。
論理的かつ科学的な思考と、確実な実験手法を身につけることは研究者としてのもっとも重要な部分であるからこそ、この動物育種学研究室の恵まれた環境の中で学んではいかがだろうか。
 さらに、研究生活以外にも自由が多く、昼に教授室で料理する人もいれば、研究の合間にふらっと上野の美術館に出かける人もいる。
にかく、「自由」そんな研究室です。
自分の力を世界に試したい。そんな情熱のある方の入室をお待ちしています。