logo nicco
Home Research Publication Staff Students 進学案内 行動治療 English
*問題行動の診療に関する情報は右上「行動治療」のボタンを押してください。
研究室での過去の出来事


2017年

2/4
イカリ消毒株式会社との共同研究の成果がJournal of Veterinary Medical Science誌にアクセプトされました。[PubMed]

2016年

10/26
清川助教らの論文がPhysiology & Behavior誌にアクセプトされました。[PubMed]

9/7-8
清川助教、石井、菊池が第159回日本獣医学会学術集会にて発表を行いました。

7/20
南が第39回日本神経科学大会にて発表を行いました。

6/10
清川助教がThe 25th Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Societyにて発表を行いました。

6/6
卒業生の高橋のデータがJournal of Veterinary Medical Science誌にアクセプトされました。[PubMed]

5/6
卒業生の中村と、石井らの論文がHormones and Behavior誌にアクセプトされました。[PubMed]

5/5
三上らの論文がPhysiology & Behavior誌にアクセプトされました。[PubMed]

3/19
石井らの論文がHormones and Behavior誌にアクセプトされました。[PubMed]

2/28
石田のデータがPhysiology & Behavior誌にアクセプトされました。[PubMed]

1/11
六山らの論文がPhysiology & Behavior誌にアクセプトされました。[PubMed]

2015年

11/25
清川助教の総説がCurrent Topics in Behavioral Neurosciencesに出版されました。 [PubMed]

9/7
清川助教と石井が第158回日本獣医学会学術集会にて発表を行いました。

8/24
ドイツ・Magdeburg大学との共同研究の成果がFrontiers in Neuroscience誌にアクセプトされました。[論文]

7/29, 30
清川助教と三上が第38回日本神経科学大会にて、それぞれ発表を行いました。

6/5
清川助教がThe 24th Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Societyにて発表を行いました。

5/29
清川助教が分担執筆した、「情動の仕組みとその異常」(朝倉出版)が出版されました。[図書]

4/22
卒業生の御神村、三上、石井のデータがNeuroscience誌にアクセプトされました。[PubMed]

4/18
森裕司先生を偲ぶ会が開催されました。

3/18
ドイツ、マクデブルグ大学との共同研究の成果が11th Göttingen Meeting of the German Neuroscience Societyにて発表されました。

3/9
富山大学との共同研究の成果がFrontiers in Neuroscience誌にアクセプトされました。[論文]

2/6
卒業生の小林(辰)らの論文がFrontiers in Neuroscience誌にアクセプトされました。[論文]

2014年

11/18
ラット警報フェロモンの主要成分を同定した論文(稲垣ら)がProceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America誌にアクセプトされました。[研究論文]
日本語による本論文の紹介。[東京大学プレスリリース][UTokyo Research]
英語による本論文の紹介。[UTokyo Researhch][Chemical & Engineering News][Science News]

11/7
富山大学との共同研究の成果が第61回中部生理学会にて発表されました。

9/11, 12
高橋と三上が第37回日本神経科学大会にて、それぞれ発表を行いました。

9/9
石井が第157回日本獣医学会学術集会にて発表を行いました。

6/13
清川助教がThe 23rd Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Societyにて発表を行いました。

5/30
荒田特任助教らの論文がPLOS ONE誌にアクセプトされました。[論文]

4/26
清川助教が第88回実験動物コンファレンスにて発表を行いました。

3/24
卒業生の本田のデータがBehavioural Brain Research誌にアクセプトされました。[PubMed]

2/1
ヤギの“雄効果”フェロモン分子を同定した論文(村田ら)がCurrent Biology誌にアクセプトされました。 [PubMed]
日本語による本論文の紹介。[東京大学プレスリリース][UTokyo Researhch][サイエンスポータル]
英語による本論文の紹介。[UTokyo Research][Counsel & Heal][Discover][Discovery News][EurekAlert!][International Science Times][LiveScience][National Geographic][Nature][Phys.org][Science]


2013年

12/10
卒業生の廣嶋のデータがHormones and Behavior誌にアクセプトされました。[PubMed]

9/20
清川助教、稲垣研究員が156回日本獣医学会学術集会にて発表を行いました。

8/22
卒業生の兒玉のデータがBehavioural Brain Research誌にアクセプトされました。[PubMed]

6/28
清川助教がThe 22nd Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Societyにて発表を行いました。

6/21, 22
清川助教、三上が第36回日本神経科学大会にて発表を行いました。

5/29
卒業生の兒玉、久保田のデータがChemical Senses誌にアクセプトされました。[Pubmed]

3/29
第155回日本獣医学会学術集会にて
武内准教授が日本獣医学会賞を受賞しました。[受賞講演要旨]
清川助教が獣医学奨励賞を受賞しました。[受賞講演要旨]

1/22
高橋らの論文がWall Street Journal (Calming odors)で紹介されました。

1/17
小林(辰)らの論文がJournal of Veterinary Medical Science誌にアクセプトされました。[Pubmed]


2012年

11/16
卒業生の高橋らの論文がBehavioural Brain Research誌にアクセプトされました。[PubMed]

11/4
清川助教がThe 10th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perceptionにて発表を行いました。

9/23
小林(辰)らの論文がBehavioural Brain Research誌にアクセプトされました。[PubMed]

9/21
清川助教が第35回日本神経科学大会にて発表を行いました。

9/15
森教授、稲垣、六山が第154回日本獣医学会学術集会にて発表を行いました。

8/24
小林(夏)らの論文がJournal of Veterinary Medical Science誌にアクセプトされました。[PubMed]

7/18
清川助教らの論文がEuropean Journal of Neuroscience誌にアクセプトされました。[PubMed]

7/11
ホームページリニューアル。


Copyright (C) 東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医動物行動学研究室