腫瘍研究 〜獣医療におけるトランスレーショナル・リサーチ〜 

 よりよい癌治療を目指して
 
  ペットの高齢化と獣医療の発展に伴い、近年では人と同じように犬や猫においても癌(悪性腫瘍)の問題がクローズアップされるようになってきました。

  臨床系である私たちの研究室は東京大学附属動物医療センター外科系診療科において固形癌の診断や治療にも参加していますが、そこには腫瘍に罹患してしまったペットが実際に数多く来院します。根治的な治療に成功して元気な生活に戻れるペットもいる一方で、病気の進行を抑えることができず残念ながら亡くなってしまう症例も少なくありません。

  人の医療においても癌は未だ困難な病気ではありますが、ペットの場合には人と比べて腫瘍を早期に発見することが難しく、人の医療と比べて診断や治療の開発や整備が追い付いていないことが、獣医療での癌治療における問題のひとつだろうと考えています。

  よりよい診断のための組織や血液サンプルにおける分子生物学的解析や、従来の外科手術・最大耐用量化学療法・放射線治療の改良や分子標的薬や免疫療法などに代表される新規治療法の確立が望まれますが、そのためには基礎的研究だけではなく、また臨床研究だけではなく、それらをつなぐ橋渡し研究=トランスレーショナル・リサーチが必要不可欠です。

  すなわち、細胞や実験動物を使った実験室での基礎研究から得られた知見を実際の症例の診断や治療に応用して臨床の現場で検証し、また逆に臨床の現場から得られた知見を実験室で解析して検証するといった双方向の研究によって、実際の癌に対してより効果的な診断や治療が提供できるだろうと私たちは考え、日夜研究を進めています。

獣医外科の
トランスレーショナル・リサーチ
 
臨床から基礎へ
・臨床サンプルのライブラリ化
・細胞株の樹立
・臨床トライアルの評価
 
臨床研究  
・疫学研究
基礎研究
・オミックス解析
・薬剤感受性
・悪性化や転移
 機構の解明
  基礎から臨床へ
・治験・臨床研究
 
       人からの外挿  人へのフィードバック
     


 獣医学の知見を医学に生かす

  またペットの癌治療をよりよいものにするための研究は、ペットの利益だけにつながるものではありません。

  腫瘍の研究において新しく且つ重要な視点として「比較腫瘍学」という考え方があります。

  同じ哺乳類であり代表的なペットである犬と猫の癌では、似ているところも似ていないところもあります。同じ診断名であれば犬でも猫でも同じような挙動を示す腫瘍もあれば、乳癌のように犬と猫では悪性度の大きく異なる腫瘍もあります。

  それは人と比較した場合も同じであり、同じ哺乳類である人の腫瘍も犬や猫と同じような病態を示す腫瘍もあれば、肥満細胞腫のように病態が異なる腫瘍や悪性黒色腫のように部位による発生頻度が異なる腫瘍など、同じ診断名でもその病態は必ずしも一致しません。

  こうした”似ていること”、”似ていないこと”の違いを研究することは、犬や猫の癌治療にとってだけでなく人の癌治療にも情報をフィードバックできる大きな可能性を秘めています。

  また犬や猫の寿命は短く癌の治療は数年の勝負です。癌の根治あるいはそれが困難な場合にはいかに長く腫瘍を抑え込んで共存できるかを目指して治療を行い、その結果は良い結果であれ悪い結果であれ数年で得られます。人の癌の研究では10年20年かかる研究が犬や猫の癌の研究では遥かに短いスパンで行うことができると考えられます。

  獣医療としてペットの癌に対するよりよい治療のために研究することが最大の目的ですが、比較腫瘍学として捉えた場合、こうした犬や猫の自然発症の腫瘍における研究はペットや飼い主様にとって大切なだけでなく、より広く知見をもたらすものと考えます。

▲獣医外科のトランスレーショナル・リサーチ(図)へ
▲このページトップへ


 研究内容
○臨床から基礎へ
・臨床サンプルのライブラリ化

・細胞株の樹立
  ・これまでに以下の細胞株を樹立し公表した。
    犬乳腺癌細胞株(CHMp, CHMm, CIPp, CIPm, CNMp, CNMm, CTBp, CTBm)
    犬乳腺癌高悪性度クローン細胞株CHMp-5b, 同低悪性度クローン株CHMp-13a
    猫乳腺癌細胞株(FMCp1, FMCp2, FMCm, FKNp, FNNm, FONp, FONm, FYMp)
    犬悪性黒色腫細胞株(CMeC1, CMeC2, CMM1, CMM2, KMeC, LMeC)
    犬骨肉腫細胞株(CHOS, HOS, OOS, POS, HMPOS)
    犬肥満細胞腫細胞株(CM-MC, CoMS, VI-MC)
  ・現在も新規細胞株の樹立を進めている。

・臨床トライアルの評価
  ・犬口腔内悪性黒色腫に対するメトロノーム化学療法の有用性の評価
   藤田淳先生ら(東京大学動物医療センター外科系診療科)の臨床トライアルを
   受け、犬口腔内悪性黒色腫由来細胞株のマウス移植モデルでの検証を行った。
   その結果、有用性が示されたため同センターでの標準治療の一つとして
   臨床での効果を再評価することとした。⇒基礎から臨床へ

▲獣医外科のトランスレーショナル・リサーチ(図)へ
▲このページトップへ
○基礎研究
・オミックス解析
  ・悪性度の異なる犬乳癌クローン細胞株におけるcDNA Microarray解析
   Pathway解析の結果から悪性株でのNF-kB経路の活性化を認めた。
   細胞株およびマウス移植モデルでの阻害薬の効果を確認した。
   臨床例での確認⇒臨床研究

・薬剤感受性
  ・悪性度の異なる犬乳癌クローン細胞株における多剤薬剤感受性スクリーニング
   高悪性度の細胞株に特異的に効果を示す薬剤群を同定し、さらなる研究中。
  ・犬悪性腫瘍細胞株における薬剤感受性スクリーニング
   腫瘍の由来が異なる複数の細胞株におけるスクリーニングから、ある薬剤に
   感受性の高い腫瘍群を同定し、さらなる研究中。
  ・犬乳癌細胞株におけるNF-kB活性抑制物質との併用による薬剤感受性スクリーニング
   現在、研究中。

・転移機構の解明
  ・犬乳癌における上皮間葉転換(Epithelial Mesenchymal Transition; EMT)の研究
   本研究室で以前より研究していた接着因子の研究成果が、悪性度とEMTの関連を
   示唆するものと考え、種々の刺激による細胞株に対するEMT誘導を試みている。

▲獣医外科のトランスレーショナル・リサーチ(図)へ
▲このページトップへ
○基礎から臨床へ
・治験・臨床研究
  ・薬剤感受性スクリーニングから得られた分子標的薬の臨床研究
   現在、候補の2薬剤について準備中。

  ・犬口腔内悪性黒色腫症例に対するメトロノーム療法
   基礎研究により有用性が確認されため標準治療の一つとして臨床応用し、その
   長期予後を評価中。

▲獣医外科のトランスレーショナル・リサーチ(図)へ
▲このページトップへ
  
○臨床研究
・疫学研究(レトロスペクティブ)
  ・臨床データの整理、データベース化
   疫学的なデータの俯瞰から病態の理解や臨床研究のプロトコール作成に役立つ
   データベースを構築するためのフォーマット作成やデータ整理を進めている。

・基礎研究の検証
  ・犬乳腺腫瘍症例におけるNF-kBの活性化と悪性度との関連
  ・犬乳腺腫瘍症例におけるEMT関連因子の発現と悪性度との関連

▲獣医外科のトランスレーショナル・リサーチ(図)へ
▲このページトップへ
 
○人へのフィードバック
  ・現在研究中

▲獣医外科のトランスレーショナル・リサーチ(図)へ
▲このページトップへ